1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. 仮想通貨Waltoncoin(WTC)とは?特徴と将来性を総まとめ

仮想通貨Waltoncoin(WTC)とは?特徴と将来性を総まとめ

アルトコイン・トークン ウォルトンコイン(wtc)
この記事は約 6 分で読めます。

仮想通貨が世の中に浸透する未来は想像できたとしても、一体どの仮想通貨が将来的に生き残っているかは誰にもわかりません。

そんな中でも、Waltoncoin(ウォルトンコイン)は、既に世の中に浸透しているRFID技術とブロックチェーンを融合させた仮想通貨として注目され、将来的に実需を想定しやすいアルトコインだと思いますので、ここで紹介しておきます。

Waltoncoin (ウォルトンコイン)とは?

Waltoncoinとは、RFID技術を開発したチャーリー・ウォルトン氏にあやかって名付けられた中国発の仮想通貨で、通貨単位はWTCとして2016年11月に公開されました。

Waltoncoinは、RFID技術とブロックチェーン技術を融合させたIoT(Internet of Things)プラットフォームの構築を目指しており、将来的にはあらゆる業界のコスト削減、偽造防止なんかに役立つと考えられます。

 

Waltoncoinの真髄、RFID技術とは?

RFID技術は、デンソーの公式サイトの説明によると、以下のとおりです。

 

RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。

バーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができます。

電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

 

RFID技術は既に私たちの日常生活に浸透している技術で、例えばクレジットカードやETCカード、Suicaなどの電子マネー、認証式の社員証などで利用されています。

Waltoncoinは、既に世の中に普及しているRFID技術とこれから世の中の当たり前になるであろうブロックチェーン技術を組み合わせたプラットフォームですから、開発フェーズが進むにつれて価値が高まっていくことが予想されます。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

Waltoncoinの開発スケジュール

Waltoncoinはまだまだ開発段階でこれから様々な機能を実装予定で、2018年は以下の予定です。

 

2018年3月:モバイルプラットフォーム上でデジタルウォレットをリリース予定

2018年9月:アパレル業界向けに「Waltonエコシステム」完成予定

2018年11月:Waltonチェーン上でスマートコントラスト展開予定

 

 

Waltoncoinのロードマップ

Waltoncoinのロードマップによると、最初は流通や店舗管理、品質管理などに利用されるとしています。

Waltoncoinのブロックチェーンでは、物流・製造・倉庫・店舗などの大きな括りを親チェーンとし、それぞれの親チェーンから仕入状況・在庫状況・配送状況・陳列状況・販売状況などの情報を子チェーンとして分岐させ、管理していく仕組みとなっています。

これによって、ブロックチェーン上で商品の品質や伝票の管理、あるいは流通などを管理することで、あらゆる管理を迅速かつ正確にすることができ、業務の効率化に大いに役立ちます。

 

同時に改ざんできないブロックチェーンで管理するので、商品の品質を偽装するなどの問題を解消することもできるというわけです。

そして将来的にはIoTも組み合わせていく予定だとしています。

 

 

IoT関連の仮想通貨はIOTAだけじゃない

ここ数年、新聞などを読んでいても、IoTというキーワードはかなり目にするようになりました。

IoTとはInternet of Thingsの略であり、あらゆるモノがインターネットによってつながる技術のことです。

インターネットを通じて、エアコンなどの電化製品のオンオフ、自宅の鍵の開け閉めができるような技術といえばわかりやすいでしょうが、実は自動運転もIoTを用いています。

 

今後、人々の生活をより豊かにしてくれる可能性が高いとして、開発と普及が進められている技術ですが、IoTには大きな課題があります。

それは、データの通信量が非常に大きいことや、インターネットを介することからセキュリティ対策が必要不可欠となるため、コストがかかりすぎることです。

IoT関連の仮想通貨としてはIOTAが有名です。

膨大なデータ通信とセキュリティ対策は、ブロックチェーンを利用することで解消することができます。

IOTAはそれを目指しているのです。

しかし、それを目指す仮想通貨はIOTAだけではありません。

上記の通り、Waltoncoinも将来的にはIoTの活用を視野にいれて仕組み作りを計画しています。

IOTAの人気を考えると、今後はWaltoncoinの価格も上昇してくるかもしれません。

お互いに競合するということもしばらくは考えにくそうです。

これからの需要が期待されるIoTに関連付けたIOTAよりも、既に確立されたRFID技術に関連付け、将来的にIoTにも紐づけていくWaltoncoinの方が、期待値が高いとする見方もあります。

 

Waltoncoinの購入はBINANCE

Waltoncoinに投資したい場合には、日本国内の取引所では取り扱われていないため、海外の取引所BINANCEを利用する必要があります。

将来有望な仮想通貨の一つとして、長期的に投資を検討してみても良いかもしれません。

個人的には2018年の開発が順調に進めば2019年頃から価値が高まってくるのではないかと予想しています。

 

BINANCEの新規登録がまだという方は、こちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ

近年、ユニークな機能を持ち、人類の生活をますます便利にしてくれそうな仮想通貨が多数登場しています。

Waltoncoinもその一つだといえるでしょう。

Waltoncoinによって配送や追跡といった業務が効率化され、偽造なども防ぐことができるというだけでも、かなり役立つ技術だと思われますが、それに加えてIoTにも役立つとなれば、期待値はさらに高まります。

ただし、仮想通貨はまだまだ乱高下が激しい市場なのでWaltoncoinに投資する場合にも、押し目を少額ずつ購入するなどのルールを自ら設定し、余裕資金でリスク管理をしながら投資していきましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 決済を目的とした仮想通貨Request Network(REQ)とは?

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • Binanceが仮想通貨/ユーロペアの取り扱いを発表

  • CryptoCM(クリプトシーエム)の新規登録方法と特徴を総まとめ

関連する記事はこちらです

  • 仮想通貨QASH(キャッシュ)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • コンピューターパワーをシェアするための仮想通貨ソン(SONM)とは?

  • SingularXでのセントラリティ(CENNZ)購入方法を徹底解説!

  • 基軸通貨としてのビットコインとアルトコイン一覧

  • 日本発の仮想通貨、モナーコイン(Monacoin)ってどんな通貨?

  • 【2018年2月】世界の仮想通貨、時価総額ランキングTOP30