1. TOP
  2. 国の動き
  3. ニューヨーク規制当局が匿名通貨を承認。日米の違いが鮮明に

ニューヨーク規制当局が匿名通貨を承認。日米の違いが鮮明に

国の動き ダッシュ(DASH) モネロ(XMR) ジーキャッシュ(Zcash)
この記事は約 3 分で読めます。

6月8日の報道により、ニューヨーク規制当局が匿名通貨を承認することが報じられました。

規制当局による匿名通貨の承認は世界初であり、匿名通貨に対して否定的な態度をとる日本国内とは真逆の対応となりました。

日米で匿名通貨への意見が割れる

日本では、金融庁が匿名通貨の取り扱いを規制しています。

これは、匿名通貨がマネーロンダリングや脱税、その他の犯罪に利用される懸念があるからです。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

Monero、Zcash、Dashなどの匿名通貨を取り扱っているcoincheckも、みなし業者から正式に認可された仮想通貨交換業者になるために、6月18日付でこれらの匿名通貨について取り扱いを終了することを発表しています。

このように、日本では匿名通貨に対して否定的な対応が取られています。

 

 

しかし、6月8日の報道によれば、アメリカのニューヨーク規制当局が匿名通貨の取引を正式に承認したことが発表されました。具体的には、アメリカの仮想通貨取引所であるGeminiにおいて、匿名通貨のZcashの取り扱いを承認したとのことです。

確かに、匿名通貨にはマネーロンダリングや脱税の懸念があるものの、プライバシー保護の観点から見ると非常に優れた仕組みを持っており、魅力的に感じている投資家が多いことの表れでしょう。

仮想通貨先進国である日本とアメリカで意見がはっきりと割れた状態になっているため、今後の各国の対応に注目が集まります。

その対応次第では、匿名通貨が大きな値動きを見せる可能性があります。

なお、今回の報道では、匿名通貨に大きな値動きはありませんでした。

 

 

まとめ

匿名通貨は期待と問題が共に大きく、今後も議論の対象となっていくことでしょう。

議論の方向性によって相場が乱高下する可能性があるため、匿名通貨に投資する際は細心の注意を払うようにしましょう。

ちなみに私は匿名通貨への投資は行わない事を徹底しています。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 実用化が進むXRPの動向から目が離せない

  • ビットコイン価格が急騰。その背景として考えられる3つのこと

  • CROSS exchangeの口座開設方法と取引マイニングなどを徹底解説

  • JVCEAも注意を喚起。ビットコインキャッシュハードフォークに備える

関連する記事はこちらです

  • ネパールで仮想通貨事業が禁止される

  • ロシアで仮想通貨規制!取引所閉鎖&マイニングも規制へ

  • 中国の規制強化が短期間のうちに拡大

  • 遂にビットコインが東南アジアに進出か?ベトナムで正式承認!

  • 中国が規制強化へ。あらゆる角度での規制に乗り出す

  • フランスで仮想通貨税率が大幅引き下げへ