1. TOP
  2. 投資戦略
  3. ビットコインのレバレッジ取引は危険?リスクの高さを比較

ビットコインのレバレッジ取引は危険?リスクの高さを比較

投資戦略
この記事は約 8 分で読めます。

ビットコインも株式やFXと同じようにレバレッジ取引が可能です。

しかし、株やFXとは比較にならないぐらいリスクがあります。

ビットコインのレバレッジ取引について詳しく見ていきましょう。

はじめに

ビットコイン投資はリスクが高いと言われます。

リスクが高いからこそ、レバレッジ取引をすればなおさら危険だとされています。

その一方では、リスクなくしてリターンなしであるから、リスクが高いことはある意味好ましいという意見もあります。

様々な意見の中で正しい認識を持つためには、「ビットコインはリスクが高い」といっても、一体どれだけリスクが高いのかということを正しく認識することが大切です。

そのために、為替や株式におけるレバレッジ取引と比較してみるのが良いでしょう。

この比較によって、ビットコインのリスクが明らかになります。

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

なぜリスクが大きいか

本稿では、ビットコインにレバレッジをかけることのリスクを検討してみたいと思います。

多くの人は、「レバレッジ」と聞いた時にはFX(外国為替証拠金取引)におけるレバレッジ取引や、株式投資における信用取引を思い浮かべると思います。

だからこそ、少しくらい大きくレバレッジをかけても、それほど問題ないと考えてしまうのですが、それは大きな間違いです。

なぜならば、ビットコインの値動きは、為替や株式の値動きとは比べ物にならないほど大きいからです。

FXと比較してみる

価格の変動率のことを「ボラティリティ」といいます。

為替の1年間のボラティリティは、例外は別として、せいぜい10%くらいのものです。

1ドルの価格が100円から110円に値上がりしたり、90円に値下がりしたりすることはあっても、120円や130円に値上がりしたり、80円や70円に値下がりすることはほとんどありません。

これは、国がある程度までは値動きを操作できるからです。

しかし、ビットコインは政府や特定の機関が中心となって管理しているものではなく、値動きは為替よりもはるかに大きくなります。

例えば、2016年8月20日と、2017年8月20日の価格を比較してみると、2016年8月20日には約6万円であったものが、2017年8月20日には45万円となっています。1年間の値動きは、実に650%にも上ります。これをドルに例えるならば、1年前は1ドル=100円だったものが、1年後には1ドル=650円になっているようなもので、途方もない値動きなのです。

昨年から今年に至るまでのビットコインが、例外的にすさまじかったのではないかと考える人もいるかもしれませんし、値動きの乏しかった期間だけを抽出してみれば、そうといえなくもないでしょう。

しかし、ビットコインの値動きを検証すればわかりますが、あらゆる期間でのボラティリティが、為替など比べ物にならないくらい高いのは事実です。

ビットコインのボラティリティは、かなり控えめに見積もっても、100%はくだらないでしょう。

bitflyerの見解でも、ビットコインのボラティリティは、ドル円のボラティリティの10倍だとされています。

このことから、同じレバレッジ25倍でも、為替でレバレッジ25倍の取引をするのと、ビットコインでレバレッジ25倍の取引をするのとでは、リスクに大きな違いが表れます。

すなわち、

 

為替:レバレッジ25倍×ボラティリティ1倍=25倍

ビットコイン:レバレッジ25倍×ボラティリティ10倍=250倍

 

となります。

つまり、ビットコインでレバレッジ取引をするということは、為替でレバレッジ取引をすることに比べて、10倍のレバレッジ効果があるということです。

文字通り、桁違いの効果があるのです。

「効果がある」といえば聞こえがいいですが、これはリスクが高いことと同じ意味です。

すなわち同レバレッジでも、リスクが為替の10倍になるということでもあります。

為替でレバレッジを25倍かけることと同程度のリスクで、ビットコインにレバレッジをかけるためには、

 

為替:レバレッジ25倍×ボラティリティ1倍=25倍

ビットコイン:レバレッジ2.5倍×ボラティリティ10倍=25倍

 

となります。

ビットコインのレバレッジはたった2.5倍かけるだけで、為替取引に25倍のレバレッジをかけることと同じリスクがあることになります。

逆に、ビットコインでレバレッジを25倍かけるということが、為替に置き換えるとどういうことかと言うと、

 

為替:レバレッジ250倍×ボラティリティ1倍=250倍

ビットコイン:レバレッジ25倍×ボラティリティ10倍=250倍

 

ですから、レバレッジ250倍で取引をする必要があります。

これは、たった100万円の証拠金をもとに、2億5000万円の運用をするのと同じくらいの危険性があるということです。

FXをやったことのある人ならば、このことの重大さがよくわかるでしょうし、やったことのない人でもなんとなくわかるのではないでしょうか。

株式投資と比較してみる

株式投資との比較はどうでしょうか。株式投資の信用取引では、最大レバレッジは3倍です。

1年間のボラティリティは、暴騰・暴落といった特殊なケースを除けば、そう大きくはありません。

大雑把に見積もれば、為替の3倍くらいであると思います。

これをビットコインのボラティリティと比較すると、

 

株式:レバレッジ3倍×ボラティリティ3倍=9倍

ビットコイン:レバレッジ25倍×ボラティリティ10倍=250倍

 

となり、為替以上にリスクの差があることが分かります。

もし、株式投資の信用取引と同程度のリスクで投資したいと思えば、

 

株式:レバレッジ3倍×ボラティリティ3倍=9倍

ビットコイン:レバレッジ1倍×ボラティリティ10倍=10倍

 

となります。つまり、ビットコインには一切のレバレッジをかけず、手元資金だけで現物取引を行なって、初めて株式投資の信用取引と同程度のリスクに抑えられるということです。

これを見れば、ビットコインのリスクがいかに高いものであるか、よくわかると思います。

もちろん、一攫千金を夢見てレバレッジを大きくかけ、為替や株式よりもはるかに大きなリスクを背負うのも良いかもしれません。

しかしその場合には、手元資金を大きく損なう可能性があることを知らなければなりません。

あまりの値動きの大きさに、ごく短期の値下げでロスカットとなり、損失に終わる可能性が極めて高いのです。

まとめ

ビットコインのレバレッジ取引のリスクを解説してきました。

ビットコインのレバレッジ取引をするにあたり、その基本的な知識を知っておくのは当然大切なことですが、それ以上にリスクへの正しい認識が欠かせません。

ビットコインのリスクの大きさを知れば、ギャンブルとしてお金を賭けるならばわかりますが、投資としてはもはや破たんしていることが分かるでしょう。

その道の一流のプロならば別かもしれませんが、一般の投資家がビットコインで極めて大きいレバレッジをかけ、投資をしているような気分になることは、もはや夜郎自大以外の何物でもないのです。

レバレッジをうまく活用することで、時には大きな利益を得られることもあるでしょう。

実際、そういうタイミングも確かにあります。

しかし、レバレッジをどれだけかけるかということは慎重に検討し、無茶なやり方をしないようにしなければなりません。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想通貨の値上がりはこれから?アメリカの調査結果から考える

  • Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

  • バイナンスに対して金融庁が警告!その内容とは?

  • coincheckのネム流出事件、ハッカーが一枚上手だった!?

関連する記事はこちらです

  • ホエールズの存在に大注目!ビットコインの乱高下を操作?

  • B2Xで基軸通貨ビットコインはどうなる?

  • 中国のICO禁止令、仮想通貨の取引停止で市場はどうなる?

  • 下落トレンドでも勝つ!Zaifの信用売り徹底解説

  • 青天井のビットコイン価格と、ビットコイン先物上場との関係性

  • ビットコインの最高値更新でありえない価格差!Zaifで99.9万円?