ZAIFトークンは暴騰するか?衰退するか?徹底検証

ZAIFトークン

仮想通貨元年の2017年、ビットコインは8月の分岐危機を乗り越え30万円前後をウロウロしていた相場が、今や45万円を超えその勢いは留まることを知りません。

これは、ビットコインを購入したすべての人が儲かっているという青天井状態です。

私はこの波に乗り遅れてしまったこともあり、ビットコイン以外の仮想通貨で将来性があるものを徹底的に調べました。

その結果、日本の仮想通貨取引所であるZaifが発行しているZAIFトークンを購入することを決断しました。

ここでは、購入に至った理由を説明したいと思います。

ZaifとZAIFトークンとは?

Zaifはテックビューロ社が運営している日本の仮想通貨取引所で、主な取扱い通貨は、ビットコイン、NEM(ネム)、MONA(モナコイン)およびZAIFトークンをはじめとしたトークンとなります。

Zaifの特徴は、取引手数料がマイナス0.01%からと安価であること、トークンの取扱いがあること及びコイン積立に対応している点でしょう。

ここでトークンって何?ってなると思いますが、基本的に仮想通貨と同じだと思って問題ありません。

しいて違いを言うならば、独自のブロックチェーン技術で開発されたものを仮想通貨とよび、既存のブロックチェーン技術を使って新たに作られたものをトークンと呼ぶことが多いようです。

例えば、NEMという独自のブロックチェーン技術で開発された仮想通貨がXEMで、ZAIFトークンは、ビットコインの既存ブロックチェーン上で展開しているカウンターパーティーを使って新たに作られたトークンというわけです。

ビットコインとZAIFトークンを比較

ビットコインは発行者が存在せず、予め決められた約2100万BTCの総発行量に達するまで、自動的に新規発行されるようプログラムされています。

これは、世界中の誰にも変更することはできず、2033年には発行上限の99%に達し、2140年に上限に達する予定です。

一方、ZAIFトークンはといえば、日本の仮想通貨取引所であるZaifが発行者で、その発行上限は発行者であるZaifの裁量によって決められます。

発行上限が決まっておらず、発行者の自由裁量によって増減できるという点はデメリットと評価されることが多いでしょう。

この意味では、ビットコインは安定的に価値が高まっていくことが予想され、ZAIFトークンには価値を見出せないというのが一般論だと思います。

ZAIFトークンの使い道で価値が高まる

ZAIFトークンは、一体、何の目的で発行されたものなのでしょうか?

非上場会社であるテックビューロ社の株式のようなものであると考える見方もありますが、本当にそうなのでしょうか。

2017年6月、今まで使い道がなかったZAIFトークンにはじめて使い道ができました。

それは、2017年6月から7月にかけて実施した「YogiboでGo!」という期間限定のキャンペーン企画で、交換手段としてZAIFトークンが使えることになったのです。

今後もZaifが行うキャンペーン等の様々な戦略にZAIFトークンの使用を絡めてくることは容易に想像できます。

これ以外にもZaifという仮想通貨取引所が活況になればなるほど、経営者のさじ加減でZAIFトークンの価値を高めることはそれほど難しいことではないように個人的には感じています・・・と言っていた矢先、まさかの展開になりました。

ZAIFトークンがCOMSAトークンセールで利用可能に!

COMSA

2017年8月、Zaifの運営会社であるテックビューロ社が日本初のICOプラットフォームであるCOMSA(コムサ)を発表し、大きな話題となりました。

簡単に言えば、COMSA(コムサ)とは、法人を対象とした次世代の資金調達方法のプラットフォームといったところです。この次世代の資金調達方法として今熱い視線を集めているのがICOという方法です。つまり、ICOでお金を集めたい企業がCOMSAを利用して資金調達をしていくイメージが持てればここでは十分です。

第一弾として、COMSA自体がICOにより資金調達するわけですが、その時発行されるCOMSAトークンを購入するのにZAIFトークンを利用することができると2017年8月29日急きょ発表されました。この発表を受け、今まで単なるキャンペーンでの利用に留まっていたZAIFトークンに明確な命が吹き込まれた(価値が付いた)わけですからこれは大きな進歩です。

COMSAのICOでのZAIFトークンの利用及び特典、キャンペーン内容を簡単にみておきましょう。

[surfing_su_list_ex]

  • Zaif口座からの振り替えでCOMSAトークンセールに払い込みが可能となった。
  • ZAIFトークンでCMSトークンの購入が可能になった。
  • ZAIFトークン建てのCMSトークン購入者にはボーナスが付与される。
  • ZAIFトークンの取引高ランキングを開催する。
  • ZAIFトークン保有量ランキングを開催する。
  • ZaicaでGoキャンペーンを開催する。

[/surfing_su_list_ex]

この発表を受けて、ZAIFトークンの価格は、なんと1.8円まで上昇し、現在は1.4円から1.5円をウロウロしています。

Zaifという仮想通貨取引所の成長可能性

使い道で価値が高まるといいましたが、実はZaifという仮想通貨取引所の今後の成長が見込め、取引所としての価値がより一層高まるかどうかという点がZAIFトークンの価値を見極めるうえで一番重要なポイントではないかと思うわけです。

ですから、Zaifが今後も仮想通貨取引所として日本のトップ5に君臨し続けることができると思えば、買ってみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

ZAIFトークンは2017年8月に0.1円前後から瞬間的に2.4円と約24倍になりました。

現在は1.4円ですが、それでも約14倍ですから驚異的な上昇をみせたことがわかります。

ただ冷静にチャートを見てみれば、数ヵ月前までは1円前後をウロウロしていたわけですから、ようやく定位置に戻ったということもいえるでしょう。

もちろん、ここから更に下落することも考えられますが、COMSAのトークンセールを2017年10月に控えていることを考えると大きく下落するよりは、むしろまだ伸びしろがあるのではないかと個人的には思います。

最後に、あくまでも仮想通貨投資は自己責任で行ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました