1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)
  4. ビットコインキャッシュとビットコインは全く別物です

ビットコインキャッシュとビットコインは全く別物です

ビットコインはアメリカなどの海外では広く普及が進んでおり、あらゆるシーンで使える万能通貨になりつつあります。

また日本でも昨今、大手家電量販店のビックカメラの全店舗でビットコイン決済が導入されたり、小売り大手の丸井グループの一部の店舗(新宿マルイアネックス)で試験的な導入をするなど消費通貨として徐々に浸透しつつあります。

ここでは、本格的にビットコインが普及する前にビットコインキャッシュという似て非なるものについて確認しておきたいと思います。

ビットコインとは?

ビットコインとは、国や組織などの発行主体が存在しないインターネット上で自動的に発行管理されるデジタル通貨のことです。

ビットコインは日本人に馴染みがある円およびSuica、nanacoなどの電子マネーと比較することで、より理解が深まりますので、早速みていきましょう。

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

日本円とビットコインの比較

まず、皆さんが普段からお買い物の際に使っている千円札や100円硬貨などは、日本の中央銀行である日本銀行によって発行されていることはご存知だと思います。

このように通常、貨幣価値を持つ通貨は発行元によって発行されるものでした。

しかし、ビットコインはこの発行主体が存在せず、約10分の間隔で自動的に発行されるように調整されているのです。

また、千円札や100円硬貨などは、目に見える物として実体を伴っていますが、ビットコインは暗号通貨や仮想通貨と呼ばれることからもわかるように、物としての実体はなく、デジタルで記録された通貨なのです。

電子マネーとビットコインの比較

一方、電子マネーは使い方によって物としての実体があったり、なかったりします。

例えば、Suicaのカードタイプで千円札をチャージして使用している方は1,000円という円の価値がカードの中に記録され、Suicaカードという物が貨幣価値を持つことになります。

この場合、カードを紛失したら1,000円は戻ってきません。

おサイフケータイ対応のスマートフォンでモバイルSuicaサービスを利用している場合はどうでしょうか。

この場合、チャージした1000円はデジタルな情報として記録され、仮にスマートフォンを紛失したり、機種変更したとしてもSuicaの残高が消えてなくなることはなく、残高は引き継がれます。

つまり、モバイルSuicaの場合は、スマートフォン自体に1000円の価値が帰属しているわけではないため、物としての実体はないといえるでしょう。

実はビックカメラなどのお店でビットコインを使用する際も、スマートフォンの専用アプリを介してビットコインを支払うことになり、モバイルSuicaの仕組みとよく似ています。

ただし、電子マネーも日本円と同じで特定の組織によって発行されており、その点がビットコインとは異なります。

ビットコインについてもっと詳しく知りたい方は他の記事でより掘り下げて説明していますので、そちらをご覧ください。

ビットコインキャッシュとは?

さて、いよいよビットコインキャッシュについてお話ししたいと思います。

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日のビットコインハードウォーク(ビットコインの分岐問題)、によって新たに生まれた仮想通貨(暗号通貨)です。

分かりづらいので、もっとシンプルに言うと、ビットコインのルールを一部変更したことによって新しく出来てしまった仮想通貨のことです。

ですから、当然ビットコインとは全く異なる仮想通貨で、言わばアルトコインの一つというわけです。

皆さんの中には、「ビットコイン」と名前がついているので、ビットコインと同じような感覚で捉えてしまう方もいるかもしれませんが、ビットコインキャッシュはビットコインではないことをまずはしっかりと理解しましょう。

ビットコインキャッシュは無価値になる?

2017年8月時点において、ビットコインキャッシュは1BCH当たり35,000円ほどの価値がついていますが、今後下落の一途を辿るのではないかと思っています。

その理由は、ビットコインの方が圧倒的にマイナーによってマイニング(取引記録の承認作業)が行われ、ビットコインキャッシュはマイニングをしなくなるのではないかと考えているためです。

マイニングしなくなるとどうなるか?

簡単にいうと、ビットコインキャッシュを管理維持していくことが困難な状況になり、衰退するというわけです。

まとめ

これから急速に普及が進むと予測されているのは、ビットコインです。

ビットコインキャッシュはビットコインとは全く別の仮想通貨(アルトコイン)だと理解し、取扱いには十分注意してください。

Coincheck(コインチェック)やZaif(ザイフ)などの日本の仮想通貨取引所でもビットコインキャッシュの取引を新たに開始したみたいですので、特に仮想通貨投資をはじめて行う方はくれぐれもビットコインとビットコインキャッシュを混同しないよう気を付けてください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)でハッキング被害

  • 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

  • ビットコインキャッシュがハードフォークへ!

  • 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

関連する記事はこちらです

  • NEM(ネム)ってどんな仮想通貨?カタパルトって何?

  • SingularXでのセントラリティ(CENNZ)購入方法を徹底解説!

  • これは面白い!お年玉にビットコインをあげてみよう!

  • マレーシアでビットコインが合法化!

  • ビットコインと現金の違いについて、わかりやすく説明しました

  • ついに出た!ビットコインが10万ドルになるという予測