1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. 仮想通貨DigiByte(デジバイト)とは何者?特徴と将来性を解説!

仮想通貨DigiByte(デジバイト)とは何者?特徴と将来性を解説!

アルトコイン・トークン デジバイト(DGB)
この記事は約 5 分で読めます。

DigiByteは日本の取引所では取扱いがないため、日本ではあまり知られていませんが、海外ではコアなファンが多く、比較的人気のあるアルトコインです。

ここではデジバイトの特徴や将来性など人気の理由をまとめておきたいと思います。

DigiByte(デジバイト)とは?

DigiByteは、2014年1月に誕生した分散型の国際ブロックチェーンであるDigiByte Blockchain上で動作するアルトコインです。

スケーラビリティ問題の解決策として有名なSegwit(セグウィット)を世界ではじめて導入した仮想通貨でもあります。

 

DigiByteの基本的な概要は以下のとおりです。

時価総額 315億円(2018年2月現在)
時価総額ランキング 第60位(2018年2月現在)
通貨単位 DGB
アルゴリズム Proof of Work
発行上限枚数 210億枚
ブロック承認時間 15秒
公式サイト https://digibyte.io/
ブロックチェーン https://digiexplorer.info/

2017年9月の時点では、時価総額ランキング第24位でしたので、数ヶ月でかなり順位を落としています。

では、デジバイトの特徴や将来性について確認していきます。

DigiByte(デジバイト)の特徴

DigiByteは、スマートコントラクトで有名なイーサリアムより以前に誕生したかなり古いアルトコインの一つですので、様々な特徴があります。

DigiShieldによるdifficluty(難易度)調整

DigiByteは、DigiShieldという特殊な手法によって1ブロック毎に難易度調整が行われています。

これにより、採掘難易度を高すぎたり低すぎないバランスに維持でき、ビットコインなどで懸念されるブロック報酬減を低く抑えることができます。

ちなみにDigiShieldは、Zcash、Startcoinなどのブロックチェーンにも採用されています。

トランザクションを自動的に拡大するコードを導入済

DigiByteは、現在毎秒560トランザクションを処理できる能力となっています。

このトランザクションの処理速度を2年毎に2倍に拡大する特殊なコードが設計・導入されているため、ビットコインのようなトランザクション件数の増加によるスケーラビリティ問題は起こりにくいでしょう。

DIGUSIGN(ディグサイン)

DigiByteに実装されているDIGUSIGNは、イーサリアムやNEOなどと同じようにスマートコントラクトの機能を持っているため、契約書などの法的書類が関係するビジネスのあらゆる領域での活用が期待できます。

5種類のアルゴリズム

DigiByteの承認アルゴリズムは、ビットコインと同様プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用していますが、ビットコインをはじめとした仮想通貨のアルゴリズムが1種類であるのに対し、DigiByteでは、5種類のアルゴリズムが20%ずつ均等に存在し、ブロックチェーン上で分散しています。

マイニングを行うマイナーは、5種類のアルゴリズムの中から好みのアルゴリズムを選択してマイニングを行うことができるというわけです。

なぜ1つのブロックチェーン上に複数のアルゴリズムを存在させるという手間を加えたのでしょうか。

それは、アルゴリズムを分散されることによって、万が一PoW攻撃を受けたとしても影響を軽微にとどめることが可能だからです。

つまり、セキュリティは高いといえるでしょう。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

DigiByte(デジバイト)の実績

世界的人気ゲーム「マインクラフト」との提携

世界的に有名な人気ゲーム「マインクラフト」との提携が発表され、

期待感から大幅に上昇したのが、2017年5月でした。

翌6月にはゲーム内でのアイテムとDigiByteが交換できるという

具体的な内容が発表され、相場は急降下していきました。

CITIBANK主催のコンテストで受賞

2017年7月にCitibank主催のCiti Tech for Integrity Challenge(T4I)でファイナリストに選出され、10月開催のコンテストで表彰されました。

これは革新的な技術を表彰するコンテストで、今後の提携などに繋がればいいなと思います。

 

 

DigiByte(デジバイト)の取扱い取引所

DigiByteは、日本の取引所では取扱いはありませんが、海外ではBittrexやPoloniex、KuCoinなどで購入することができます。

ちなみにBINANCEでは取扱いはありませんので、バイナンス上場なんて話になったら、急騰するかもしれませんね。

DigiByte(デジバイト)の将来性

DigiByteは、大きな実績こそまだありませんが、技術開発力は評価に値すると思います。

大企業との提携話が出れば一気に化けるポテンシャルを秘めていると個人的には密かに期待しています。

 

 

まとめ

高性能で優れた仮想通貨の一つであるため、コアなファンが多いDigiByteですが、今後さらに上昇していくためには、大企業との提携など実用化にむけての具体的な話題が欲しいところではないでしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
今注目のASOBICOIN(アソビコイン)プレセール情報
ASOBICOINのプレセール、事前登録が始まっています。

購入検討されている方はチャンスを逃さないためにも、今すぐの登録をお勧めします。

https://tokensale.asobimo.io/


プレセール事前登録

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • Binance CEOが語る「仮想通貨の市況はいまだにポジティブ」

  • ホリエモン仮想通貨祭が開催。そこで語られたこととは?

  • 動画配信に革命を起こす仮想通貨THETA(シータ/ThetaToken)とは?

  • Block Co+ Tokyo2018で松本零士氏登壇、トリニティプロジェクトを発表!

関連する記事はこちらです

  • 第三世代の仮想通貨マイニング不要のSkycoin(SKY/スカイ)とは?

  • 【2017/9】世界の仮想通貨、時価総額ランキング30

  • イーサリアム、キャスパーとシャーディングの同時実装

  • ゴーレム(Golem)ってどんな仮想通貨?

  • 新たなクラウドサービスを提供するiEx.ec(アイエグゼック/RLC)とは?

  • コンピューターパワーをシェアするための仮想通貨ソン(SONM)とは?