1. TOP
  2. 国内取引所
  3. ビットフライヤー(Bitflyer)
  4. ビットフライヤー取扱開始と好材料のLISK(リスク)が失速

ビットフライヤー取扱開始と好材料のLISK(リスク)が失速

ビットフライヤー(Bitflyer) リスク(LSK)
この記事は約 6 分で読めます。

1月31日、ビットフライヤーがアルトコインのLISK(リスク)を取り扱うことを発表したところ、リスクの価格は一時65%上昇という大暴騰をみせました。

しかし、2月2日現在、発表前の価格以下に下落しています。

本稿では、リスク急上昇の背景と、そこから得られる示唆を解説していきます。

ビットフライヤー効果でLISK(リスク)急上昇

1月31日昼ごろ、アルトコインのリスクが約2300円から一時3600円を超える急騰を見せました。

世界的な規制への不安やcoincheckのネム流出事件など、ネガティブな話題で持ちきりだったところへ、久々にポジティブなニュースが出たとホッとした人も多いことでしょう。

以前から、ビットフライヤーがリスクを取り扱うのではないかという噂がありました。

元々、ビットフライヤーはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインしか取り扱っておらず、もっと多く取り扱って欲しいという意見を受けていました。

取扱通貨の要望を受け、去年12月初めにモナコインの取扱いを開始したところ、大暴騰したことでも大きな話題となりました。

今回も、ビットフライヤーでリスクが取り扱い開始となれば、モナコインのような大暴騰を見せるのではないかと期待していた人も多いと思います。

もっとも、ビットフライヤーの加納裕三氏は、ツイッターにおいて、

 

1月中に新規アルトコインを導入します。(何かはお楽しみ)

 

とつぶやいていただけだったので、リスクであると事前にわかっていたわけではありません。

それでも、リスクは仮想通貨業界でも有名なアルトコインで時価総額も大きく、イーサリアムと同じスマートコントラクトを持っている、人気の仮想通貨です。

さらにリスクでは、メインのブロックチェーンとは別にサイドチェーンを設けていることから、取引時間が非常に早く、セキュリティにも優れています。

仮想通貨への様々なリスクが叫ばれる状況の中で、下手な仮想通貨を導入するとは考えにくく、「もしやリスクでは?」という噂もたち、噂だけで一時的な上昇も見せたほどです。

 

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

 

LISK(リスク)が65%の上昇を見せる

そして、ビットフライヤーがリスクの取り扱い開始を発表すると、1時間足らずでリスクの価格は約2300円から一時3600円越えという大暴騰を見せました。

実に65%の上昇です。

しかし、3600円越えの後、おそらく利確売りに押されたのだと思いますが、数分のうちに下落して3200円を切り、その後もじわじわと下落していきました。

この状況を見ると、仮想通貨の投機性の高さが良くわかります。

今回のようなケースでリスクで確実に儲けるためには、発表されてからすぐに買うのでは遅いでしょう。

発表後数分で購入して数分で売り抜けるならばまだしも、そのためには発表を待ち構えている必要があり、専業投資家でなければ難しいでしょう。

数分遅れて買ってしまえば好機を逸し、数分遅れて売ってもこれまた好機を逃すわけですから、下落の波に巻き込まれてしまいます。

また、発表前に購入しておくという方法もありますが、それでは噂をもとにして購入する必要があり、やはりこれも投機性が高いといえます。

さて、その後リスクはじわじわと値を下げ、2月2日16時現在2119円をつけています。

ビットフライヤーが発表する直前の値を割っているのですから、噂を期待して購入し、更なる値上がりを期待してホールドした人、あるいは発表後に購入してホールドしている人は全員、現時点で含み損を抱えていることになります。

もちろん、今後の値動きがどうなるか分かりません。

2018年で仮想通貨が更なる値上がりをすると考えてこのままホールドする人もいれば、最近の仮想通貨市場は不安定だと考えて損切りする人もおり、判断が分かれると思います。

先日のネム流出事件で、お笑い芸人にも被害者が出たことで、周りに仮想通貨投資を勧めていたたむらけんじ氏がバッシングを受けていました。

たむらけんじ氏は「僕はあくまでも余裕資金でやるように言っていました」と釈明し、その釈明がまた寒いというような雰囲気になっていましたが、たむけん氏の言い分は至極当然です。

何らかのニュースや噂をもとに、特定の仮想通貨の値上がりに備えて事前に購入する場合にも、あくまで余裕資金を投じることが重要であることが良くわかります。

今回のリスクの暴騰から、仮想通貨のリターンは他の投資では考えられないほど大きいこと、また故にリスクが高いこと、ポートフォリオや資金の管理が重要であることなどを学び、今後に役立てていくべきでしょう。

 

 

まとめ

ビットフライヤー取扱い開始では、モナコインが暴騰を見みせたため、今回も取り扱われる仮想通貨は暴騰するだろうとの事前予測があり、事実そうなりました。

「大手取引所が新たな仮想通貨の取り扱いを開始する」ということの影響の大きさが良くわかります。

また、ビットコイン価格がついに100万円を割り込んだ最近の仮想通貨全体の値動きとの関連性を考えてみると、市場全体が下落傾向にあるとき、影響力の大きな一つのニュースが価格に与える影響は短期かつ限定的になることもよくわかったのではないでしょうか。

 

株式市場などでも、日経平均が大きく下落しているタイミングでは、材料があっても材料相応の値上がりを見せなかったり、値上がりが限定的になることが多いですが、それと同じことが仮想通貨でも起きています。

資金を投じるのが人なのですから、人の心理が値動きに反映されるは当然のことと言って良いでしょう。

仮想通貨の値動きを注視し、暴騰および暴落が起きた際は、冷静に分析・検証し、自分なりにサンプルを集めておくことは、今後の投資に大いに役立つことでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想通貨の値上がりはこれから?アメリカの調査結果から考える

  • Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

  • バイナンスに対して金融庁が警告!その内容とは?

  • coincheckのネム流出事件、ハッカーが一枚上手だった!?

関連する記事はこちらです

  • 【完全保存版】ビットコイン(仮想通貨)FX取引所の選び方

  • リスク(Lisk)ってどんな仮想通貨?

  • 【完全保存版】国内の仮想通貨取引所の選び方

  • ビットフライヤーライトニング(BFL)の初期設定と操作方法

  • 日本の大手取引所ビットフライヤー(bitflyer)がアメリカ進出へ!

  • bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と口座開設方法