1. TOP
  2. 国内取引所
  3. ビットフライヤー(Bitflyer)
  4. ビットフライヤーライトニング(BFL)の初期設定と操作方法

ビットフライヤーライトニング(BFL)の初期設定と操作方法

ビットフライヤー(Bitflyer)
FX
この記事は約 7 分で読めます。

ビットコイン市況が下落トレンドでもショートポジション(売り)をもつことで勝てるビットコインFXは、やはり魅力的です。

ここでは、私が実際にビットコインFXを行っているビットフライヤーライトニング、通称BFLの操作方法について、解説しておきたいと思います。

BFLは、はじめての方には使い方が難しく、また注意点もありますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ビットフライヤーライトニング(BFL)とは?


→bitFlyer Lightning公式サイト

ビットフライヤーライトニングとは、国内最大手の取引所であるビットフライヤーで口座開設すると利用することができる取引ツールのことです。

BFLでビットコインFXを始めて思わぬ損失を被らないためにも、正しい操作方法とBFLの特徴をここでしっかりと理解しておきましょう。

 

ビットフライヤーライトニング(BFL)の初期設定

ビットフライヤーライトニング(BFL)

ビットフライヤーにログインすると、上記の画面になりますので、左端の[bitFlyer Lightning]をクリックすると、下記のBFLの画面に遷移します。

 

ビットフライヤーライトニング(BFL)

左上の赤枠欄にあるボタンをクリックします。

 

ビットフライヤーライトニング(BFL)

設定をクリックします。

設定では、以下の2箇所について確認しておけば良いでしょう。

 

レバレッジの設定方法

ビットフライヤーライトニングレバレッジ

レバレッジ設定は上限の15倍を推奨します。

なぜなら、それが一番ロスカットされる可能性が低いからです。

ただし、15倍のレバレッジに設定したからといって、フルレバレッジで実際のトレードをすることはご法度です。

FXトレードに慣れて自信がつくまではレバレッジは3倍程度を目安に楽しむのが健全です。

正直なところ、私は現在でもレバレッジは5倍以下でトレードします。

暴落暴騰に巻き込まれてロスカットを喰らって証拠金がなくなり、ビットコインFX市場から一発退場になっては元も子もありません。

 

サウンドの設定方法

ビットフライヤーライトニングサウンド

サウンドは好みだと思いますが、私は「一般的な音を鳴らす」を好んで使っています。

何も操作しない時は音が鳴らず、何か操作する際に音が鳴る設定です。

 

最後に初期設定として証拠金の入出金方法を確認します。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

証拠金口座への入出金方法

ビットフライヤーライトニング証拠金入金

入出金をクリックします。

 

ビットフライヤーライトニング証拠金

日本円(JPY)を選択し、任意の金額(今回は150万円)と入力後に「証拠金口座へ預入れる」をクリックします。

 

ビットフライヤーライトニング証拠金送金

上記画面のように証拠金口座への移動が確認できればOKです。

次に、実際のトレード方法について確認しておきます。

 

 

ビットフライヤーライトニング(BFL)の基本的な注文方法

まずはじめに、BFLでは買い板・売り板ともに薄いため、成行注文は基本的に使わないほうが無難です。

ただし、何か大きな事件などでファンダメンタル的に大暴落の初動に遭遇したなんてことがあったら、指値注文だと逆に売れない場合もあるので、そんな時に成行注文を使うことはあります。

指値注文のやり方

ビットフライヤーライトニング指値

数量:注文数量を直接入力又は+1などをクリック

価格:指値(買いたい又は売りたい価格)を入力

上記を入力後に「買い」をクリックします。

 

ビットフライヤーライトニング指値注文

指値の発注内容を確認し、良ければ「買い」をクリックします。

 

ビットフライヤーライトニング指値注文

発注後に注文欄で指値の内容が確認できれば注文できています。

注文が成立すると、右側の建玉に売買成立の内容が転記され、注文欄からは消えてなくなります。

 

ビットフライヤーライトニング指値注文取り消し

ちなみに、✕を押すと、注文をキャンセルすることができます。

ビットフライヤーライトニング指値注文取り消し

 

買い注文についてのみ説明しましたが、売り注文もやり方は同様ですので、割愛します。

 

 

ビットフライヤーライトニング(BFL)の応用的な注文方法

BFLでは、以下の取引注意ポイントがあるため、個人的には、応用的な注文方法もマスターすべきだと考えます。

 

BFLの取引注意ポイント

<注意POINT>

サーバーが重く、取引注文が通らないことが多々ある。

※「bitFlyerセキュリティ・ファースト」の取り組みの一貫で、サーバー処理を効率化するアップデートを実施したそうですので、今後は注文が通りやすくなるかもしれません。

 

特殊注文(OCO注文とIFDOCO注文)のやり方

ビットフライヤーライトニング特殊注文

特殊注文のボタンをクリックします。

まずはOCO注文のやり方から解説していきます。

 

OCO注文とは?

OCO注文とは、自分が既に持っている建玉(ポジション)を利確又は損切りする際に2つの注文を同時に発注できる方法のことです。

活字だとわかりにくいと思いますので、具体的な事例を用いて説明します。

<建玉(ポジション)情報>

数量:1BTC

価格:1,077,538

ポジション:買い(ロング)

上記のロングポジションについて、1万円の幅で利確又は損切りを考えていたとします。

この場合、OCO注文を使って発注をかけると以下のとおりです。

ビットフライヤーライトニングOCO注文

<損切り(左側)の注文内容>

内容:STOP(トリガー価格になったら成行で損切り)

数量:1BTC

トリガー価格(損切り開始価格):1,067,538円

※損切りの場合は、確実に損切りした方が良いのでSTOPをお勧めします。

 

<利確(右側)の注文内容>

内容:指値

数量:1BTC

価格:1,087,538円

 

上記内容で、[Place Order]をクリックして発注をかければ、あとは1万円程度の利確又は損切りのどちらかが自動的に確定するというわけです。

 

次に建玉(ポジション)を持っていない状態でもトレードを完結する方法を確認しておきます。

 

IFDOCO注文とは?

IFDOCO注文とは、ノーポジションの状態から新規にロング(買い)又はショート(売り)の発注をかけるのと同時に利確又は損切りの注文をする方法のことです。

こちらも例示で確認した方が理解しやすいので、具体的に説明しておきたいと思います。

<新規注文内容>

内容:指値(買い)

数量:1BTC

価格:1,077,538円

 

<損切り(左側)の注文内容>

内容:STOP(売り)

数量:1BTC

トリガー価格:1,067,538円

 

<利確(右側)の注文内容>

内容:指値(売り)

数量:1BTC

価格:1,087,538円

この場合、IFDOCO注文を使って発注をかけると以下のとおりです。

ビットフライヤーライトニングIFDOCO注文

上記のようにIFDOCO注文の発注をかけておけば、1,077,538円の新規買いの注文が成立すれば、あとは1万円程度の利確又は損切りのどちらかが自動的に確定するというわけです。

このように、取引時点における建玉(ポジション)の有無によって、OCO注文を使うのか、それともIFDOCO注文を使うのかという違いになるわけです。

 

繰り返しになりますが、BFLはサーバーが重く流動性が高くなると注文が通らなくなる傾向にあるため、損切りや利確が即座に出来なくなるリスクが常にあると考えておくべきでしょう。

そういった意味において、BFLでビットコインFXを健全に楽しむためには、低レバレッジの厳守と、応用的な特殊注文のマスターはmustではないでしょうか。

bitFlyer Lightning (ビットフライヤーライトニング)
→bitFlyer Lightning公式サイトはこちらから

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

bitFlyer Lightning (ビットフライヤーライトニング)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
今注目のASOBICOIN(アソビコイン)プレセール情報
ASOBICOINのプレセール、事前登録が始まっています。

購入検討されている方はチャンスを逃さないためにも、今すぐの登録をお勧めします。

https://tokensale.asobimo.io/


プレセール事前登録

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • Binance CEOが語る「仮想通貨の市況はいまだにポジティブ」

  • ホリエモン仮想通貨祭が開催。そこで語られたこととは?

  • 動画配信に革命を起こす仮想通貨THETA(シータ/ThetaToken)とは?

  • Block Co+ Tokyo2018で松本零士氏登壇、トリニティプロジェクトを発表!

関連する記事はこちらです

  • 【完全保存版】国内の仮想通貨取引所の選び方

  • ビットフライヤー取扱開始と好材料のLISK(リスク)が失速

  • 日本の大手取引所ビットフライヤー(bitflyer)がアメリカ進出へ!

  • 【完全保存版】ビットコイン(仮想通貨)FX取引所の選び方

  • bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と口座開設方法