1. TOP
  2. 国内取引所
  3. 国内の取引所へ金融庁の立ち入り検査始まる

国内の取引所へ金融庁の立ち入り検査始まる

国内取引所
この記事は約 4 分で読めます。

coincheckのネム流出事件を受けて、金融庁は国内の全ての仮想通貨取引所を検査対象とすることを発表していました。

そして2月8日、ついに立ち入り検査が始まりました。

金融庁の立ち入り検査開始

2月8日、金融庁はテックビューロ株式会社(仮想通貨取引所Zaifの運営元)とGMOコインに対して立ち入り検査を実施しました。

Zaifは、coincheckと同様に、10種類以上の仮想通貨を取り扱っており、国内でZaifだけが取り扱っている仮想通貨も多く存在します。

またGMOコインの取り扱っている仮想通貨は5種類と時価総額上位のものだけです。

検査内容は仮想通貨の保管状態や保有率となるようです。

検査は厳格に行なわれるようで、週明けからは検査官が常駐の元、精査が行われます。

立ち入り検査の結果、法令違反が明らかになった場合には業務改善命令などの行政処分が行われることでしょう。

また、今回立ち入り検査を実施した取引所以外にも、国内の全ての取引所に対して資産の管理状況やセキュリティに関する報告書の提出を命じており、これによっても業務改善命令に至る取引所が出てくる可能性は十分に考えられます。

 

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

 

coincheckは2月13日に日本円の出金を再開する見込み

coincheckは、NEM流出事件後まもなく、業務改善命令を受けているほか、顧客に対する資産返還報告命令も受けています。

これを受けてcoincheckは、流出したネムを返還することを発表しているものの、具体的にいつ返還されるのか、またどのように返還されるのかは不明で、1XEMあたり約88.5円の返還を行なうという発表に留まっています。

投資において、自分の持つ資金が自由に動かせなくなっているという状況は非常に最悪な好ましくない由々しき事態です。

また人によってはcoincheckの動揺ぶりから、出金を止められている自分の資産が果たして本当に返還されるのだろうかと毎日不安で夜も眠れない状況に陥ってる人も大勢いるのではないでしょうか。

このためか、都内の30代男性が資産返還を求めて、2月5日にcoincheckを起訴したのです。

この男性は、出金ができないのは契約違反なのではないかという理由から起訴したようです。

男性の弁護士は、coincheck側に対応や方針の説明を求めています。

2月9日正午時点では、coincheckは日本円の出金を2月13日に再開すると発表しています。

というのも、金融庁から業務改善命令を受け、再発防止策報告の期限を13日とされており、どちらにせよこの期限までに再発防止策や管理体制を構築する必要があるため、13日には出金可能としたものと思います。

 

新規キャンペーン中、いま一番お得な取引所

  1. DMM Bitcoin

    ◆手数料最安値水準!
    ◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
     現物取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┗イーサリアム(ETH)
     レバレッジ取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┣イーサリアム(ETH)
      ┣ネム(XEM)
      ┣リップル(XRP)
      ┣ライトコイン(LTC)
      ┣イーサクラシック(ETC)
      ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
    ◆日本円入出金手数料が無料!
    ◆豊富な注文方法を搭載!
     ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。
    ◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!
    ◆種類も機能も豊富なチャート!
     ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。
    ◆レバレッジ取引可能!(5倍)

    公式サイトへ

 

まとめ

今後、短期間のうちに各取引所への立ち入り検査が進んでいくものと思われます。

外国為替証拠金取引(FX)の黎明期にもたくさんの取引所が存在していましたが、多くの取引所が法的規制によって淘汰されていき、現在の健全な状況に至りました。

仮想通貨取引所に対しても厳格な検査や法的規制が実施されることで、適正で健全な取引所だけが生き残っていき、取引所による様々なリスクは減少し、投資家が安心して仮想通貨に投資できる環境が整備されていくことでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • iXledger(IXT)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • 仮想通貨VeChain(VEN)とは?~模倣品撲滅の本命コイン~

  • Nano Wallet(ナノウォレット)の作成方法とNEM(ネム)送金手順

  • Binance上場で注目!VIBE(バイブ)とは?

関連する記事はこちらです

  • ビットコイン取引所に悩んだ時の決定版!取引所比較まとめ

  • ビットポイント(BITPOINT)ってどんな取引所?

  • 仮想通貨は本当に安全?マウントゴックス事件に迫る

  • bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と口座開設方法

  • Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設方法

  • クーコインでKuCoinShares (KCS)を購入すべき3つの理由