1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. 仮想通貨GANA(ガナコイン)の特徴とICOトークンセール購入方法

仮想通貨GANA(ガナコイン)の特徴とICOトークンセール購入方法

アルトコイン・トークン
ICO
この記事は約 6 分で読めます。

GANAは、GREEN AND NATURE ASSOCIATIONの略で、世界的に広がりをみせる医療用大麻を安全で透明性のあるものにし、完全で信頼できる産業にするためにAI&ブロックチェーンを利用した最適なプラットフォームの実現を目指しているプロジェクトです。

日本では利用が認められていない医療用大麻のためのプロジェクトなので日本人には馴染みがないと思いますが、既にICOトークンセールもはじまっていますので、ここで特徴や将来性、購入方法などまとめておきたいと思います。

仮想通貨GANA(ガナコイン)とは?

GANAとは、一言でいってしまえば、医療用大麻のためのAI&ブロックチェーンプラットフォームです。

医療用大麻を患者に安心して利用してもらうためには、原産地情報などの改ざんを未然に防止することは不可避でしょう。

その意味において、情報を改ざんすることが実質的にできないブロックチェーン技術との相性はいいといえるでしょう。

 

GANA(ガナコイン)の基本概要

通貨名称:GANACOIN

シンボル:GANA

トークンセール:2018年7月21日まで

ブロックチェーン:イーサリアム

ソフトキャップ:20000ETH

ハードキャップ:60000ETH

販売価格:1GANA=0.00005ETH

購入通貨:ETHのみ

公式HP:https://ganacoin.io/

ホワイトペーパー: https://cdn.ganacoin.io/wp/GANAwhitepaper_v2.1_eng.pdf

上場予定:公式アナウンスなし

 

GANA(ガナコイン)の特徴

GANAの特徴を箇条書きにするとこんな感じです。

  • 医療用大麻の改ざんを未然に防止するブロックチェーンプラットフォーム
  • 医療用大麻の適切な利用・提案を促すAIプラットフォーム
  • 医療用大麻の利用履歴などのビックデータが自動的に蓄積される
  • 健康管理に役立つモバイルアプリを提供
  • GANAプラットフォーム内で映画や音楽などのデジタルコンテンツを提供

 

医療用大麻の改ざん防止のためのブロックチェーンプラットフォーム

医療用大麻という性質上、原産国や流通経路などの情報を厳重に管理し、改ざんされないことが医療用大麻を産業として浸透させるためには非常に大切なことではないでしょうか?

そんな医療用大麻の情報管理を担う仕組みとしてブロックチェーン技術は最適なソリューションといえるでしょう。

ブロックチェーン技術で悪質で違法な取引が払拭されたなら、日本でも医療用大麻が合法的に利用されるなんて時代ももしかしたら来るかもしれませんね。

 

医療用大麻の適切な利用・提案を促すAIプラットフォーム

 

医療用大麻だからといってリスクがないわけではありません。医療用大麻の利用にはそれ相応のリスク(副作用)を伴うのが一般的で、自らの症状にあった利用方法でない場合、逆に体内に悪影響を及ぼしかねません。

その意味において、AIを活用してディープランニングさせることで、患者一人ひとりにあった適切な提案をすることが可能となり、リスクを最小限に抑えることができます。

 

医療用大麻の利用履歴などのビックデータが自動的に蓄積される

GANAプラットフォーム内で医療大麻の利用履歴をはじめとした様々なデータが蓄積されることによって、やがてそれがビックデータとなり、新薬開発などの未来の医療に大きく貢献することでしょう。

 

健康管理に役立つモバイルアプリを提供

GANAは利用者の健康管理などに役立つモバイルアプリを提供し、GANAのAIと接続することで利用履歴などの情報の活用を目指します。

 

GANAプラットフォーム内で映画や音楽などのデジタルコンテンツを提供

GANAプラットフォームの利用者は、個人情報を提供する見返りとしてガナコインを受け取ることができ、プラットフォーム内で提供される音楽や映画などのデジタルコンテンツの購入にあてることができます。

つまり、自らの情報をガナコインにかえて、ガナコインでほしいコンテンツを購入する仕組みというわけです。

 

GANA(ガナコイン)のロードマップ

ホワイトペーパーでは、ICOトークンセール終了後の2020年までのロードマップが公表されていますので、確認しておきましょう。

 

2018年第1四半期:ICOトークンセール開始

2018年第2四半期:テクニカルパートナー、チームアドバイザー、組織拡充

2019年第1四半期:GANAエコシステムの利用者拡大

2019年第3四半期:AIベータ版とデータ学習のオペレーション開始

2020年第2四半期:GANA1.0サービスの利用開始

 

GANA(ガナコイン)のICOトークンセール参加方法(購入方法)

 

購入ボーナス
  • 15,000ETH未満:10%加算
  • 15,000~30,000ETH未満:5%加算
  • 30,000~45,000ETH未満:2.5%加算
  • 45,000ETH以上:ボーナス加算なし

※7月10日時点では14,087ETHなので、まだ購入ボーナス10%が加算されます。

 

100GANAがエアドロップされる

ICOトークンセール開催中であれば、メールアドレス登録と本人確認作業で100GANAがプレゼントされますので、まずはこれだけやっておいても損はありませんね。

 

エアドロップ&トークンセール参加はこちらから登録できます。

https://ganacoin.io/i/1ad8b321c288f6

※ICOへ参加される際には、プロジェクトの詳細な確認を行ったうえ、ご自身でリスクとリターンを十分に判断したうえで参加しましょう。万が一、損失が発生したとしても当サイトは一切の責任を負いかねます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ZUTTO PROJECTとは?基本概要や特徴を総まとめ

  • 2018年でG20の仮想通貨への認識は徐々に変化。国際基準の実施は足踏みか

  • 日本ブロックチェーン技術サミット(JBT)の開催迫る!

  • ビットコインキャッシュのハードフォーク後の経過まとめ

関連する記事はこちらです

  • ビットシェアーズ(Bitshares)ってどんな仮想通貨?

  • 仮想通貨NEO(ネオ)とは?中国版イーサリアムで将来期待されるコイン

  • 【ICO案件】OPIRIA(PDATA TOKEN)とは?特徴、将来性から購入方法まで

  • SingularXでのセントラリティ(CENNZ)購入方法を徹底解説!

  • アルトコインってなに?将来性はどう?儲かるの?

  • 値上がりが期待できそうなマイナー通貨への投資は危険ですか?