1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. 動画配信に革命を起こす仮想通貨THETA(シータ/ThetaToken)とは?

動画配信に革命を起こす仮想通貨THETA(シータ/ThetaToken)とは?

アルトコイン・トークン シータ(THETA)
この記事は約 6 分で読めます。

Binanceに上場されているアルトコインのうち、注目されているものの一つにTHETAというものがあります。

THETAは、動画配信に伴って生じるデータ処理を各視聴者に分散して処理させることで、サーバーの負担を軽減するものです。

4K動画やVR動画が普及しつつある今、期待値の高い仮想通貨であるとされています。

動画配信の問題とTHETA

仮想通貨取引所Binanceには、様々なアルトコインが上場されています。

アルトコインには、様々な特徴を持ったユニークなものが多いのですが、その中でも注目されているものの一つにTHETA(シータ)というものがあります。

2018年6月28日現在、時価総額は119.55億円で第81位となっています。

なぜTHETAが注目されているのかというと、時代の流れにマッチしているからです。

注目を集めるアルトコインの多くは、ブロックチェーン技術を活用することで、あらゆる問題の解決を図っていますが、THETAもその例にもれません。

皆さんも、Youtubeその他の動画サイトを見る機会があると思いますが、様々な動画配信サイトで生じるデータ通信は膨大なものです。

さらに、最近は4K画質の動画やVR動画なども普及しており、データ通信量は右肩上がりに増えています。

この傾向により、回線やサーバーに負担がかかるため、動画配信元の企業はサーバーセンターの規模を拡張することで対処する必要があります。

しかしこれは、動画配信元企業の努力いかんによって動画配信のクオリティが左右されるということであり、トラブルやメンテナンスによって動画を再生できなくなることもあります。

ここに、中央集権化の問題があります。

THETAは、ブロックチェーン技術を用いることによって、動画の視聴者にサーバーのデータ処理を負担させることで、データ処理を分散化させるという仕組みを持っています。

こうすることで、中央のサーバーに負担が集中するということがなくなり、トラブルによるサービス停止などの懸念もなくなります。

THETAの主なサービスは、THETA Networkという配信サービスです。

このサービスは、Sliver.tvによって立ち上げられました。

Sliver.tvは、すでに数百万人のeSports(エレクトロニックスポーツ。コンピュータゲームをスポーツとして捉えたもの)視聴者を抱えているスタートアップ企業で、Sliver.tv内にTHETA Networkが導入される予定となっています。

eSportsは日本ではまだあまりなじみがなく、ゲームはあくまでゲームであり、スポーツとして捉える人は多くありません。

しかし、日本でもeSportsの普及は徐々に進んでおり、今後、世界的な浸透が見込まれています。

eSportsの分野は、動画配信や4K、8K、VRなどの高画質との相性も良いのですが、そのためには膨大なデータ処理が求められます。

そこで、この問題を解決するために、THETA が構築されたとも言えるでしょう。

 

投資金を作る!方法ランキング

  1. スマホブックメーカー投資

    専門知識は一切不要!知識ゼロから誰でも始められる!
    スマホでスポーツ観戦しているだけで1日に10万円以上稼ぐことができる、
    そんな副業に興味はありませんか?
    株やFXとはまったく違う投資法、ゲーム感覚で稼げる新しい投資副業

    詳細を確認してみる ブックメーカーのページへ

 

THETAの仕組み

THETAの仕組みは、簡単に解説すると以下の通りです。

 

  1. THETAの開発元であるSliver.tvは、THETAプラットフォーム内で流通するThetaTokenを発行する。
  2. 広告を配信したい会社は、ThetaTokenを購入し、THETA Network上で広告を配信する。
  3. THETA Networkを利用して動画を視聴する人は、広告を視聴するたびにマイニングを実行し、マイニング報酬としてThetaTokenをもらう。
  4. ThetaTokenを利用すると、動画を視聴することができる。

 

このような仕組みとなっています。

つまり、THETA Networkで配信される動画を見たい人は、企業の広告を視聴してThetaTokenを獲得し、それを支払って動画を視聴するという仕組みです。

これならば、各視聴者にデータ処理を負担させることができ、中央でのサーバー負担を軽減できます。

各視聴者の負担も、広告動画を見るだけなので軽微です。

なお、ThetaTokenは、動画に関連するグッズの購入、動画配信者への寄付も可能となっています。

さらに、動画配信者は企業から依頼されて広告を作成することでThetaTokenを獲得したり、ThetaTokenを利用することでアイテム(詳細は不明)を入手して動画のクオリティを上げたりすることができるため、システム内でのThetaTokenの需要は大きいと言えるでしょう。

 

 

THETAの将来性

THETAは、将来性に富んだ仮想通貨だと言えます。

まず、どこの馬の骨ともわからない会社ではなく、既に数百万人の視聴者を獲得しているSliver.tvが開発元であるということです。

開発元がはっきりしており、信用性も高いこと言えます。

また、既に数百万人の視聴者を獲得しており、そのサービス内にTHETA Networkを導入していくこともポイントです。

多くのICOでは、サービスの利用者をそれほど獲得していない段階で、革新性や将来性や計画性で勝負していきます。

しかしTHETAは、既に視聴者を獲得しているサービス内での提供となるため、プロジェクトの実現性が高いのです。

関係者や支援者にも注目です。

チームのアドバイザーには、Youtube共同創業者のスティーブ・チェン氏がいますし、戦略パートナーとしては、日本の上場企業であるgumiなども見られます。

このほか、GREE、コロプラ、ソニー、サムスンなども出資しているようです。

問題があるとすれば、eSports自体の人気が低迷するなどした場合でしょう。

THETAそのものの問題というよりも、外部要因によって成長が止まるパターンが考えられます。

とはいえ、高画質動画の普及に伴うデータ処理の問題はSliver.tv内だけで起こっていることではなく、それを解決するTHETAの仕組みそのものに価値があるとも言えます。

 

 

まとめ

私も、動画配信サイトはよく見ています。最近は画質もかなり良くなっていますし、VR動画なども増えていますから、配信元のサーバー負担はかなり大きくなっていることでしょう。

THETAの仕組みは、それを解決できる可能性があるものです。

これからの時代、画質はもっと良くなっていくでしょうし、技術はもっと高くなっていくことでしょう。

それに伴い、サーバー負担はもっと大きくなっていくことが予測されます。

THETAは、そのような時代に求められるものとして、将来性が高い仮想通貨だと言えます。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • MINDOL(ミンドル)が対戦型格闘オンラインゲームの企画開発に着手!

  • フランスでICOが合法化へ。ヨーロッパの動きに注目

  • インドの仮想通貨規制はどうなる?否定寄りの流れを払拭できるか?

  • 仮想通貨交換業協会の自主規制内容が明らかに

関連する記事はこちらです

  • 【2017/9】世界の仮想通貨、時価総額ランキング30

  • SIRINLABSTokenのポイントはFINNY(ブロックチェーンスマートフォン)

  • SingularXでのセントラリティ(CENNZ)購入方法を徹底解説!

  • ストレージの空き容量を貸して貰えるシアコイン(Siacoin)とは?

  • 仮想通貨DigiByte(デジバイト)とは何者?特徴と将来性を解説!

  • 仮想通貨iXledger(IXT)とは?特徴と将来性を総まとめ