1. TOP
  2. アルトコイン
  3. スイスボーグ(CHSB)
  4. Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

スイスボーグ(CHSB) アルトコイン
この記事は約 5 分で読めます。

ICOで即完売と注目されたにもかかわらず、取引所上場後にICO割れを経験し、その後も下がり続け、3月28日現在で3円前後となってしまっているSwissborg(CHSB)ですが、面白い特徴を持ったスイスプライベートバンクの金融系プラットフォームですので、参戦を決意しました。

Swissborg(CHSB)とは?

Swissborg

Swissborg(スイスボーグ)とは、クリプト・ウェルス・マネージメント・プラットフォームであり、人間の頭脳とAIの融合により今までになかったクリプト資産の総合的金融サービスの提供を目指している会社です。

究極のコミットは、限られた一部の富裕層しか利用することができなかったプライベートバンクの管理運用をスマートフォンがあれば誰でも運用できる世界を構築することにあるようです。

 

Swissborg(CHSB)の基本情報

Swissborg

Swissborg(CHSB)の基本情報は以下のとおりです。

通貨名称:Swissborg(スイスボーグ)

通貨単位:CHSB

総発行数量:10億枚

ICO時の価格:1CHSB≒11円

トークンタイプ:イーサリアムのプラットフォーム内で発行されるERC20規格

公式サイト:https://swissborg.com/

Twitter:https://twitter.com/swissborg

 

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

 

Swissborg(CHSB)の特徴

CHSBトークンは、以下の特徴を有するため、マルチ・ユーティリティー・トークンと言われています。

 

  • レファレンダム参加(国民投票):コミュニティーでプロジェクトの方向性に投票することができ、投票に参加すると、CHSBトークン、ETH、ICOトークンなどが貰える。
  • 将来的にローンチするトークン・ファンドへの優先アクセス権
  • 開発予定の新フォーラム(プラットフォーム)からのリサーチ資料を優先的に見ることができる。
  • ポートフォリオ管理のソフトウェアやアプリケーションを優先的に利用できる。

 

このなかで魅力的な特徴はなんと言ってもレファレンダム参加でしょう。

スイスボーグが将来的に手がけるプロジェクトが増えれば増えるほど投票参加の機会も増え、参加報酬が貰えるというわけです。

 

私が今回CHSBを購入するきっかけになったのもこのレファレンダムに参加してみたいからでした。

初のレファレンダム参加は以下の予定で行われます。

 

  1. レファレンダム参加のためのRSBトークンのターゲット日:3月31日
  2. レファレンダムの投票内容:スイスボーグのウェルスマネジメント・プラットフォームはまずどちらから開発した方が良いですか?
    A)モバイル・アプリ(Android、iOS)
    B)パソコン・ウェブアプリ(モバイル対応)
  3. 報酬:1RSB=0.01CHSB
  4. 投票期間:4月3日~9日

 

1CHSBトークン保有者に、1RSBトークンが付与され、RSBトークンでA又はBのどちらかに投票することによって、1RSBトークンあたり0.01CHSBトークンが報酬として貰えるというわけです。

ただし、HitBTCやKucoinで購入したCHSBトークンはMEWなどERC20が管理できるウォレットに送金・保管しておかないとRSBトークンの付与は受けられませんので注意してください。

 

 

Swissborg(CHSB)の提携先と将来性

スイスボーグはイーサレンド、Bounty0x、Fuzexなどのこれから成長が期待される様々な仮想通貨と積極的に業務提携しており、好感が持てます。

 

公開されているロードマップは以下のとおりです。

  1. Wealth Manager
    スイス規制金融アドバイザー
    オフチェーン型仮想通貨ファンド
    トークンヘッジファンド
    ユーザーダッシュボード
  2. Cyborg Wealth Manager
    国際的な規制に基づいた財務アドバイザー
    テーマ特化型のトークンファンド
    スマート資産運用
    決済ソリューション
    ICOプラットフォーム
  3. Global Investment Manager
    国際的な規制に基づいた金融機関
    アクティブ型マネージドトークンファンド
    AIスマート資産運用
    アセットトークン化
    トークンの取引プラットフォーム

ロードマップからも将来期待値は高めで、今後の開発が待ち遠しいです。

 

 

Swissborg(CHSB)の価格推移

ICO時には、1CHSBあたり11円で販売されていましたが、3月28日現在は、1CHSBあたり3円と70%オフで購入できるなんて大バーゲンセールに見えて仕方ありません。

ただし、仮想通貨市場全体の地合いは良くなく、まだ底値を探って行く可能性は十分にありますので、少しずつ長期投資目線で購入するのが良いでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

Swissborg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想通貨の値上がりはこれから?アメリカの調査結果から考える

  • Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

  • バイナンスに対して金融庁が警告!その内容とは?

  • coincheckのネム流出事件、ハッカーが一枚上手だった!?

関連する記事はこちらです

  • 仮想通貨ステラ(Stellar Lumens)ってどんな特徴があるの?

  • リスク(Lisk)ってどんな仮想通貨?

  • 仮想通貨Binance coin(BNB)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • ストレージの空き容量を貸して貰えるシアコイン(Siacoin)とは?

  • 基軸通貨としてのビットコインとアルトコイン一覧

  • ビットシェアーズ(Bitshares)ってどんな仮想通貨?