1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. ストレージの空き容量を貸して貰えるシアコイン(Siacoin)とは?

ストレージの空き容量を貸して貰えるシアコイン(Siacoin)とは?

仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術が、様々なことに応用されつつあります。

応用の形は色々あり、今後も多岐にわたっていくことでしょうが、現時点で注目されているものの一つに、シアコインがあります。

シアコインは、ユーザー間のストレージの空き容量を貸し借りし、貸した側への報酬としてシアコインを与える仕組みです。

本稿では、シアコインの概要と特徴、今後について迫っていきます。

シアコインとは?

一口に仮想通貨と言っても、様々な種類の仮想通貨があります。

一般的によく知られているのはビットコインですが、仮想通貨全体では1000種類以上の仮想通貨が存在しており、今後も増え続けていくことが予想されます。

なぜこれほどまでに増えているのかと言うと、ビットコインの根底技術であるブロックチェーンは、多岐に渡り応用が可能だからです。

その一つに、2015年に公開されたシアコインがあります。

通貨単位はSCです。

シアコインとは、ストレージの空き容量と仮想通貨技術を関連付けたものです。

ブロックチェーンによって不特定多数のストレージを関連付け、ユーザー同士のストレージを貸し借りできるようにしています。

すなわち、ストレージに空き容量がある人は、ストレージが足りない人に対して自分の空き容量を貸し出し、その対価としてシアコインを受け取るのです。

このことによって、空き容量を持っている人は貸し出すことによってシアコインを受け取ることができ、空き容量が足りない人は借りることによって従来のクラウドストレージよりも安く利用することができるという、まさにWin-Winの関係を築くことができます。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

つまり、シアコインの特徴を一言で言い表すならば、持て余しているストレージを有効活用できる仕組みの提供です。

現在、企業はストレージが総じて不足状態にあり、それに反して一般ユーザーのストレージは余っている傾向にあります。

シアコインが普及することによって、この企業と個人のギャップを解消できる可能性があります。

企業は、従来のクラウドストレージよりも安価に利用でき、またストレージの利用量に応じて支払う仕組みのため、無駄なストレージを抱えておく必要がなく、利用料の計算も自動で行われて口座から自動引き落としとなるため、管理が非常に簡単なのです。

このほか、シアコインで用いているブロックチェーンはセキュリティが非常に優れた技術で、クラウド上に保存するデータは、ストレージを借り受ける側からは閲覧可能ですが、ストレージを貸し出す側からは閲覧することができません。

ただし、政府には検閲することが許されており、政府以外の第三者からは閲覧できない仕組みです。

したがって、シアコインを通じて企業のデータが流出することはありません。

例えば、シアコインによって拡張したストレージに顧客情報を保存しておけば、それが流出する心配はなく、セキュリティの管理コストも大幅に削減することができるというわけです。

シアコインは、主に企業向けの利用を見込んでおり、企業からの注目度も高いため今後普及していく可能性はあるでしょう。

 

 

シアコインの価格は?

2017年は仮想通貨元年だと言われており、様々な仮想通貨の価格が高騰しています。

シアコインもその例にもれず、2017年初頭には0.02円程度であったものが、5月には1円を突破し、6月には2円を突破しました。

その後2円近くで推移していたのですが、7月には1円を割りました。

これが仮想通貨投資の怖さですが、それでも半年で50倍ですからかなりの高騰ぶりです。

シアコインは現在、まだ日本の取引所では取引することができず、購入したいなら海外の取引所に口座を開設し、ビットコインを送金して後、ビットコイン建てで購入する必要があります。

今後、日本国内を含めた様々な取引所がシアコインの取り扱いを開始し、注目が集まり、需要が高まっていけば、再び2円を超える日も来るかもしれません。

ただし、ストレージとブロックチェーンを関連付けた仮想通貨はシアコイン以外にも存在しており、今後もシアコインだけに注目が集まるとは限りません。

類似した仮想通貨同士が競争状態になった結果、シアコインの価格が下がり、仮想通貨自体がなくなってしまう可能性もあり得ます。

したがって、いかにシアコインの着眼点が素晴らしく、今後も注目が集まるであろう仕組みであったとしても、投資する際には競合の仮想通貨の状況等に照らして慎重に吟味する必要があるでしょう。

 

 

まとめ

シアコインは、ストレージを有効活用する仮想通貨であり、空き容量を持て余す側と、空き容量が足りない側とが確実に存在するため、大きなニーズを見込むことができます。

ただし、類似した仕組みを持った仮想通貨が複数存在するため、競合が激しくなる可能性もあります。

しかし、類似の仮想通貨が複数存在するということは、この仕組みそのものの需要や期待の高さの証明でもあります。

今後も、シアコインには注目していきたいと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)でハッキング被害

  • 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

  • ビットコインキャッシュがハードフォークへ!

  • 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

関連する記事はこちらです

  • リスク(Lisk)ってどんな仮想通貨?

  • ファクトム(Factom)ってどんな仮想通貨?

  • モネロ(Monero)ってどんな仮想通貨?

  • Zaif取引所の人気が急上昇、その理由を調べてみた

  • 仮想通貨Waltoncoin(WTC)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • 仮想通貨Monetha(モニーサ/MTH)とは?特徴・将来性・購入取引所