1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. 新たなクラウドサービスを提供するiEx.ec(アイエグゼック/RLC)とは?

新たなクラウドサービスを提供するiEx.ec(アイエグゼック/RLC)とは?

アルトコイン・トークン アイエグゼック(RLC)
この記事は約 5 分で読めます。

2018年1月にバイナンスに上場したことで注目されはじめたアルトコインに「iEx.ec(RLC)」があります。

アイエグゼックは、インターネット上の使われていないリソースを活用することによって、ブロックチェーン技術による高性能なクラウドサービスを安価に提供することを目的としたプロジェクトです。

本稿では、iEx.ecについて解説していきます。

バイナンス上場で注目されたRLC

2018年に入ってから、それなりに注目されているアルトコインの一つに、iEx.ecがあります。

読み方はアイエグゼック、トークンはRLCと表記されます。

公開自体は2017年1月で、Bittrexが取り扱っていたのですが、2017年12月にBittrexは新規登録の受付を一時停止していたこともあり流動性は低下していました。

それが2018年1月12日、iEx.ecがBinanceに上場されることが発表された途端、一気に注目を浴びたのです。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

iEx.ecの概要

では、iEx.ecとはどのような仮想通貨なのでしょうか。

公式サイトには、iEx.ecの機能に関して、

 

必要なサービス、データセット、コンピューティングリソースにスケーラブルで安全かつ容易にアクセスできるようにすることを目指し、イーサリアムスマートコントラクトに依存し、オンデマンドで高性能コンピューティングサービスを提供する仮想クラウドインフラストラクチャを構築することを可能にします。

 

と表記されています。

これを簡単に言い換えるならば、

 

イーサリアムのスマートコントラクトによって、インターネット上の使われていないリソースを活用することによって、膨大なデータ処理を可能とし、しかもブロックチェーンを使ってセキュリティの強いスーパーコンピューターを利用可能にします。

 

ということになるでしょう。

 

 

開発は順調?Haiwu He氏の実力に期待

コンセプトが秀逸であることもさることながら、iEx.ecの開発にHaiwu He氏が携わっていることが注目を集めています。

Haiwu He氏は、2017年に中国で最もクリエイティブな人100人に選ばれた人物であり、クラウドコンピューティングシステムを10年以上も研究してきた研究者です。

そもそも、iEx.ecの開発にしても、フランス王立情報学自動制御研究所と共同で行われていますし、これに中国の国立情報研究所・国立中央研究所も協力していることから、開発力にはかなりの注目が集まっています。

また、iEx.ecのロードマップは2021年までの長期スパンで組まれており、今のところ目標通りに進捗してきていることも注目に値すると言ってよいでしょう。

 

RLCの値動き

RLCは、2018年1月に上場後、当時の仮想通貨市場が非常に活況であったことも相俟って、一時4ドル越えを記録しています。

しかしその後下落し、4月には1ドルを割り、その後再び回復を見せ、5月17日現在は約2.13ドルとなっています。

今後の値動きがどうなるかはわかりませんが、技術開発力は非常に注目されていますから、今後も順調に上昇していく可能性も十分にあると考えられます。

自身のポートフォリオの中に、今後期待できる夢コイン枠を設けるなどして、リスクコントロールをしながら投資するならば、投資妙味があるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

仮想通貨投資は、2018年、まだまだ盛り上がると予測されています。

ビットコインやイーサリアムが今後上昇していくとみる専門家が多い中で、iEx.ecが上昇すると明言する専門家はいないでしょう。

しかし、相場の格言に「人の行く裏に道あり花の山」と言われる通り、人々があまり注目していない段階に投資してこそ大きく儲けられる可能性が高いという教えもあります。

まだまだ発展途上の仮想通貨市場だからこそ、今後期待できる魅力的なコインを自ら発掘していく作業は大切な投資行動ではないでしょうか。

 

RLC購入ならBINANCE(バイナンス)がお勧め

RLCへの投資を検討したい方は、国内の取引所では取り扱っていないため、海外の取引所で購入せざるを得ません。

いくつかある海外の取引所の中でも、RLCの取引流動性がナンバーワンであるBINANCEで購入するのが最も賢い選択といえるでしょう。

 

BINANCEの新規登録がまだという方は、こちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 決済を目的とした仮想通貨Request Network(REQ)とは?

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • Binanceが仮想通貨/ユーロペアの取り扱いを発表

  • CryptoCM(クリプトシーエム)の新規登録方法と特徴を総まとめ

関連する記事はこちらです

  • 値上がりが期待できそうなマイナー通貨への投資は危険ですか?

  • 【2017/9】世界の仮想通貨、時価総額ランキング30

  • クーコインでKuCoinShares (KCS)を購入すべき3つの理由

  • ディセントベット(DECENT.BET)のDBETトークンをアップグレード

  • Zaif取引所の人気が急上昇、その理由を調べてみた

  • Binance上場で注目!仮想通貨VIBE(バイブ)とは?特徴と将来性を解説