1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. ドージコイン(Dogecoin)ってどんな仮想通貨?

ドージコイン(Dogecoin)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨の中には、非常にユニークな仮想通貨があります。

2013年に公開されたドージコインもそのひとつで、モチーフに柴犬が用いられているコミカルな仮想通貨です。

はじめに

 

こんなコミカルなものが本当にお金なのかと思えますが、実際に通貨としての価値を持つのですから不思議な気分になります。

コインのイラストが強烈ですから、ドージコインの存在を知っている人は多いと思うのですが、どのような性質を持った仮想通貨であるのか、あまり知られていません。

そこで本稿では、ドージコインの特徴などを解説していきます。

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

ドージコイン(Dogecoin)とは?

仮想通貨の中には、非常にユニークな仮想通貨があります。

日本発の仮想通貨のモナーコインも、コインのイメージにはアスキーアートのモナーが用いられている、ユニークなものです。

モナーコインと同じ位置づけとして考えられるのが、ドージコインです。

ドージコインは、Dogeという柴犬のミームがモチーフになっています。

ちなみに、ドージコインは元IBMエンジニアのビリー・マーカス氏によって作られ、アメリカで生まれたものなのですが、モチーフとなった柴犬は「かぼすちゃん」という日本の柴犬です。

ドージコインは当初、ビットコインのパロディとして生まれたもので、ギャグのような存在だったのですが、それが今や通貨としての価値を持つようになってきています。

この象徴的な出来事は、ソチ五輪の際、ジャマイカのボブスレーチームの出場費用としてドージコインが寄付されたことが挙げられます。

ドージコインの特徴は、コミカルな通貨であることですが、仕組みとしてはビットコインとあまり変わりません。

もともと、ビットコインのパロディとして作られたものですから、独自の付加価値を持っているわけではないのです。

ドージコインとビットコインの違い

強いて違いを挙げるならば、発行総量が違います。

ビットコインの発行上限は2100万枚なのですが、ドージコインには発行上限がありません。

980億枚を発行したのちは、微増していく仕組みとなっています。

また、取引の承認速度も速く、ビットコインの1/10で承認することができます。

ビットコインは日に日に、様々な買い物や光熱費の支払い、家賃の支払いなどと活用の場が広がっていますが、ドージコインは寄付に活用されるのが多いというのも特徴です。

上記の通り、ジャマイカのボブスレーチームに寄付された実績もあります。

2014年のソチ五輪の際、ジャマイカのボブスレーチームが資金不足で出場できない可能性があったのですが、ドージコインのコミュニティでは、ドージコインによる募金活動が始まりました。

その結果、1日で3万ドル相当のドージコインが集まりました。

この他にも、募金活動に利用された実績があります。

ドージコインには、柴犬がモチーフとなっており、親しみやすさや平和な雰囲気があります。

また、日本版にしろアメリカ版にしろ、2ちゃんねるという空間は一種独特な空間で、日常生活では話題になりにくいことを話題にしたり、「これを話題にしたら面白そう」といった話題で盛り上がっています。

会話の流れを見ていると、そのスレッドのノリを楽しんでいるようにも見えます。

このような空間で、「ドージコインを寄附してボブスレーチームを救おう(それをやったら面白そう)」などという動きがあれば、「面白そう」というだけで案外寄付金が集まることがあるのです。

このように、利益を得ることを狙ってドージコインに投資するというよりも、ドージコインを寄付などに活用し、それが話題になることを楽しむといった雰囲気も強く、ビットコインとは異なる利用の広がりをみせています。

ドージコインは、日常生活の様々な消費活動や投資に使われたり、政府が取り上げて壮大なプロジェクトが始まったりすることはなく、一部のコミュニティ内で面白そうなことに使われ、寄付やチップに使われることが多いという特徴を持っているわけです。

発行上限がないということは、需要が高まってもいくらでもまかなえるということでもありますから、価格が爆発的に伸びることも考えにくいです。

このことからも、投資対象にはなりにくく、それ以外の活用で行われるようになったものと思われます。

もっとも、アメリカ版2ちゃんねると言われるRedditには、ドージマーケットというコミュニティサイトがあり、ドージコインで買い物をしたり、ビットコインに交換したりすることができます。

したがって、ドージコインは完全に寄付やチップ目的のものとも言えませんが・・・。

ドージコインへの投資はどうか?

ドージコインの用途は、上記の通りかなり特殊です。

発行上限がないことからも、派手な値動きは起きにくいといえます。

それでも、最近ではやや上昇したといえます。

長期にわたって0.02円前後で推移していたものが、2017年4月ごろから急に上昇を始め、6月には0.4円を突破したのです。

その後、暴落して0.2円前後となり、2017年9月11日現在は約0.15円となっています。

この値動きの理由として有力な情報はありませんが、おそらく有力な材料が出たというよりも、仮想通貨市場全体の上昇に合わせてドージコインも上昇したのだと思います。

まだまだ低価格帯にあるように見えますが、これが今後上昇し、十分な利益をもたらしてくれるかどうかはよくわかりません。

本質的に上昇しにくい特徴を持っているのですから、横ばいを続ける可能性もあります。

それでも、知名度が高く、親しみやすい仮想通貨ですから、いくらか保有して様子を見守っておくのも良いかもしれません。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ZUTTO PROJECTとは?基本概要や特徴を総まとめ

  • 2018年でG20の仮想通貨への認識は徐々に変化。国際基準の実施は足踏みか

  • 日本ブロックチェーン技術サミット(JBT)の開催迫る!

  • ビットコインキャッシュのハードフォーク後の経過まとめ

関連する記事はこちらです

  • Swissborg(CHSB)とは?特徴、将来性、価格推移を判断して参戦

  • ASOBICOIN(アソビコイン/ABX)のICOプレセール、特徴、将来性から購入方法まで

  • 仮想通貨DigiByte(デジバイト)とは何者?特徴と将来性を解説!

  • ディセントベット(DECENT.BET)のDBETトークンをアップグレード

  • 仮想通貨QASH(キャッシュ)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • 仮想通貨ステラ(Stellar Lumens)ってどんな特徴があるの?