1. TOP
  2. アルトコイン
  3. リップル(XRP)
  4. 世界規模の送金企業が「XRP」を採用?リップル=XRPではない?

世界規模の送金企業が「XRP」を採用?リップル=XRPではない?

リップル(XRP)
XRP
この記事は約 4 分で読めます。

先日、リップル社の公式ツイッターにおいて、XRPが本格的に採用されることが発表されました。

それ自体はプラス材料なのですが、一部において懸念事項も出てきていますので、ここで確認しておきたいと思います。

リップル=XRPではない?

1月5日、リップル社の公式ツイッターで、世界規模の送金企業の3社がXRPを利用すると発表しました。

それがどの企業であるか、具体的な社名は明かされていませんが、仮想通貨と大企業の提携の際にはいつも大きな話題を呼びます。

今回のツイートも、かなりの反響がありました。

もちろんこれは、XRPの採用をほのめかすものではなく、明言したからです。

XRPの価格が高騰しており、注目度が高まっていたタイミングでの発表であったことも、注目された理由に一役買っていることでしょう。

しかし、この話題に伴い、懸念事項も挙げられています。

2017年は仮想通貨元年であり、多くの人の注目を集め、これまで投資にあまり縁がなかった人や、仮想通貨のことをよく知らない人もたくさん参入してきました。

それらの人々がこのような話題に触れた時、勘違いをしかねないのです。

すでにリップル社は、100以上の金融機関と提携していることが明らかになっています。

金融機関とブロックチェーン技術の架け橋になっていると言っても過言ではないです。

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

ならば、なぜ最近になって送金企業3社がXRPを採用したからと言って、急に大きな話題になるのかと、新規投資家たちの間では混乱につながっています。

これは、新聞やネットニュースなどでは、リップル社の様々な技術とXRPを一緒にして「リップル」と表記していることによって、「リップル=XRP」という勘違いを引き起こしているからに他ありません。

あくまでも、リップル=XRPという考え方は誤りです。

新規キャンペーン中、いま一番お得な取引所

  1. DMM Bitcoin

    ◆手数料最安値水準!
    ◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
     現物取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┗イーサリアム(ETH)
     レバレッジ取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┣イーサリアム(ETH)
      ┣ネム(XEM)
      ┣リップル(XRP)
      ┣ライトコイン(LTC)
      ┣イーサクラシック(ETC)
      ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
    ◆日本円入出金手数料が無料!
    ◆豊富な注文方法を搭載!
     ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。
    ◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!
    ◆種類も機能も豊富なチャート!
     ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。
    ◆レバレッジ取引可能!(5倍)

    公式サイトへ

リップル社が100以上の金融機関と提携し、金融機関からの利用が発表されているのは、リップル社のブロックチェーンソリューションのひとつである「xCurrent」です。

一方、リップル社が提供しているラインナップには、xCurrent以外にもzRapidやxViaと言ったものがあり、XRPが利用されているのはxRapidです。

したがって、リップル社と提携している金融機関は、現段階ではXRPの利用を明言しているわけではありません。

しかし今回、大送金企業によってXRPが利用されることが明言されました。

だからこそ、大きな話題を呼んでいるのです。

この違いを明確に理解していなければ、正しい投資はできません。

しかし、日経新聞でさえ表記を混同している現在、メディアにおいて正しい表記がなされることはあまり期待できませんから、当サイトなどを活用して自主的に情報を収集し、理解を深めていくことが必要です。

まとめ

今後も、リップル社の躍進は続いていくと考えられます。

そうなれば、メディアで目にする機会も増えてくると思うのですが、報道では正しい表記をあまり期待することはできません。

報道内容を正確に理解するためには、自分自身で調査し理解を深めていくことが重要です。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • iXledger(IXT)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • 仮想通貨VeChain(VEN)とは?~模倣品撲滅の本命コイン~

  • Nano Wallet(ナノウォレット)の作成方法とNEM(ネム)送金手順

  • Binance上場で注目!VIBE(バイブ)とは?

関連する記事はこちらです

  • 世界のGoogleが出資したリップル(Ripple)とは?

  • 【2017年12月】リップル(XRP)が暴騰した背景に迫る

  • リップルの時価総額がビットコインの2分の1、脅威の追い上げ

  • リップル(Ripple)の躍進に刮目せよ!インドに新事務所設立

  • リップル社CEOが語る仮想通貨の現状と将来性

  • リップルコイン(XRP)2018年1ドル超えは既定路線?