1. TOP
  2. 仮想通貨の活用
  3. 支払い手段としての仮想通貨を具体的に掘り下げる

支払い手段としての仮想通貨を具体的に掘り下げる

仮想通貨の活用
この記事は約 9 分で読めます。

仮想通貨に対して、単なる投資のための商品の一種という印象を抱いている人が少なくありません。

しかし、仮想通貨は投資のために作られたものではなく、あくまでも通貨として作られたものであり、私たちが普段使っている現金と同じように、支払いにも使えるものなのです。

本稿では、仮想通貨での支払いが今後どのように広がっていくか、またどのように支払うのかといったことを解説していきます。

仮想通貨は支払いにも使える

仮想通貨と言えば、投資の一つと認識されていることが多く、人によっては「怪しげな投資のハナシ」として考えることもあります。

実際に現時点では、仮想通貨の主要な利用方法は投資であり、それ以外の用途に利用されることはそれほど多くありません。

しかし、仮想通貨は「通貨」であり、改正資金決済法によって決済手段として法律でも認められているものです。

私たちが普段から利用しているお金と同じように、様々な手段で活用することを目的として作られたもので、決して投資のためだけのものではありません。

したがって、今後仮想通貨が受け入れられていくにつれて、日常生活のなかで仮想通貨を利用する機会も増えていくと思います。

普段の買い物の際に、レジで仮想通貨によって支払いをしたり、仮想通貨を振り込んだりするようになる時代が、もうすぐそこまで来ているのです。

仮想通貨での支払いには、色々なメリットがあります。

もちろん、お店側にもメリットがあります。

例えば、お店で会計の際にクレジットカードを利用すると、お店はクレジットカード会社に対し、3~5%程度の手数料を支払うことになります。

これに対し、ビットコインで支払った場合には、お店が負担する手数料は1%程度となっています。

お店側にもこのようなメリットがあるため、徐々に導入が進むと考えられています。

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

仮想通貨は浸透するか?

特に、この傾向は欧米で顕著です。

なぜならば、欧米では日本以上にクレジットカードやデビットカードが浸透しており、少額の支払いにも対応しているため、現金をほとんど持ち歩かない人もいるほどです。

したがって、クレジットカード以上のメリットを持ち合わせている仮想通貨の浸透は、いち早く進むものと考えられます。

アメリカは、特に先進的です。

アメリカでは、すでにAmazonや楽天での決済の際に、ビットコインが利用できる体制が整っています。

楽天の方針では、今後ドイツやオーストラリアでもビットコインの決済に対応していくそうです。

となれば、日本でもビットコインによる決済が、あと数年のうちに始まる可能性はあるでしょう。

日本では、一定額以上でなければカードで決済できないこともありますから、ヨーロッパほどにカード主義の人が多くありません。

したがって、仮想通貨の浸透も、やや遅れをとるかと思います。

それでも、2020年には東京オリンピックが開催されるため、それまでに現金以外での決済手段をもっと浸透させるべきだという意見もたくさんあります。

このことから、東京オリンピックを機に、日本でも早い段階で仮想通貨による支払いが浸透してくることになるかもしれません。

日本の企業を見てみると、リクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメントなどの有名企業がビットコイン取引所に出資しています。

出資の理由は、取引所自体が会社として成長する可能性があり、そうなれば出資しただけ利益が得られるからです。

また、株主になっておけば、自社が仮想通貨を用いた事業を展開していく際に、業務提携が容易となります。

つまり、これらの有名企業が仮想通貨取引所に出資しているということは、ある意味では今後の展望として、仮想通貨を取り入れた事業を展開していく可能性があるということです。

すでに有名企業が、出資という具体的な行動を起こしていることを見ると、仮想通貨の今後の浸透が、より現実味を帯びてくることでしょう。

世間の仮想通貨への期待は、私たちが思っているよりも、かなり大きいものなのです。

有名企業の動きは以上の通りですが、小さなところでいえば、東京の有名な飲食店はもとより、地方でも既にビットコインでの支払いに対応している店があります。

今後も、この流れは広がっていくと考えてよいでしょう。

新規キャンペーン中、いま一番お得な取引所

  1. DMM Bitcoin

    ◆手数料最安値水準!
    ◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
     現物取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┗イーサリアム(ETH)
     レバレッジ取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┣イーサリアム(ETH)
      ┣ネム(XEM)
      ┣リップル(XRP)
      ┣ライトコイン(LTC)
      ┣イーサクラシック(ETC)
      ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
    ◆日本円入出金手数料が無料!
    ◆豊富な注文方法を搭載!
     ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。
    ◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!
    ◆種類も機能も豊富なチャート!
     ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。
    ◆レバレッジ取引可能!(5倍)

    公式サイトへ

仮想通貨での支払いのしくみ

仮想通貨で支払いをするためには、まず仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。

口座を開設し、入金し、仮想通貨を購入することで、口座のウォレットには仮想通貨の保有データが記録されます。

ここまでは、株式投資などと大差ありません。

ウォレットに記録された仮想通貨によって支払いを行なう際には、その仮想通貨での支払いを申し出て、手続きを行ないます。

例えばビットコインならば、ビットコイン専用のスマホアプリをスマホに入れておき、そのアプリを操作することで支払います。

支払いを済ませると、ビットコインの口座から自動的にビットコインが引き落とされます。

この仕組みは、事前に現金を入れておき、決済の度に引き落とされていくデビットカードに似ているといえます。

ちなみに、当然のことではありますが、支払いを受けるお店側も仮想通貨取引所に口座を開設し、ウォレットを持っています。

消費者が仮想通貨で決済すると、消費者のウォレットからお店のウォレットに、仮想通貨の暗号が送られ、お店のウォレットに代金分の仮想通貨が入る仕組みです。

支払額の計算方法

では、仮想通貨での支払額はどのように計算されるのでしょうか。

仮想通貨は、需給関係に応じて、常に価格が変動していくだけに、ちょっとイメージがつきにくいかもしれません。

例えば、現在1BTCが30万円の価格であったとします。

その時、ビットコインで支払いができるお寿司屋さんで、3万円の食事をしたとしましょう。

その時、3万円の代金をビットコインで支払うならば、

3万円(代金)÷30万円(1BTCあたりの価格)=0.1

となり、0.1BTCがウォレットから引き落とされることになります。

また、1ヶ月後に1BTCの価格が25万円に変動していたとします。

その時、同じお寿司屋さんで同じく3万円分の食事をしたならば、ビットコインの支払額は、

3万円(代金)÷25万円(1BTCあたりの価格)=0.12

となり、0.12BTCの支払いとなります。

このように、仮想通貨で支払いをする際には、支払い時点における仮想通貨の価格によって支払額が変わることになります。

円と仮想通貨、どっちで支払うのが得か

仮想通貨の価格は常に変動しているならば、支払うタイミングによって、ウォレットから引き落とされる仮想通貨の額が変わってくるということです。

そのため、仮想通貨で支払うのか、それとも円で支払うのかによって、損得の差が出てきます。

例えば、1BTCが25万円の時にビットコインを購入していた人が、25万円の支払いをする場合を考えてみましょう。

支払い時点で、1BTCの価格が25万円であれば、購入時点と変わりませんから、実際に負担した円も25万円となり、プラスマイナスゼロの状態です。

しかし、1BTCの価格が30万円に上がっていたならばどうでしょうか。

25万円分の支払いをしたとき、ウォレットから引き落とされるビットコインは0.833333…BTCとなります。

つまり、25万円分の買い物をしているのに、実質的な負担はそれ以下になって、お得に買い物ができたということです。

ただし、逆パターンもあります。

支払い時点で1BTCが20万円にさがっていた場合、1BTCの支払いでは25万円の支払いができません。

これでは、ビットコインで支払うと損をすることになります。

このことから、

仮想通貨の購入時点の価格から、現時点で値上がりしていた場合には仮想通貨での支払いがお得であり、値下がりしていた場合には仮想通貨での支払いは損になるから、現金で支払った方がよい。

ことが分かります。

これは、外国為替と同じだと考えるとわかりやすいでしょう。

例えば、アメリカへの旅行を計画している人は、米ドルが安い、つまり円高ドル安のタイミングで円をドルに替えておき、アメリカに行ってからそれを使えば得をすることになります。

これと同じように、仮想通貨も安い時に買っておき、価格上がってから支払いに使えば、お得に買い物ができます。

したがって、円と仮想通貨のいずれかが絶対にお得というのではなく、支払うタイミングによってどちらかがお得になると考えてください。

支払でリスクを負わない方法

しかし、仮想通貨の価格が下がったときに支払えば損というならば、仮想通貨を買うことそのものに抵抗を抱く人もいることでしょう。

それでも、今後は仮想通貨での支払いをすればお店からサービスが受けられるなどの可能性もあります。

したがって、仮想通貨を長期にわたって保有したくないものの、仮想通貨による支払いはしていきたいと考える人もいると思います。

そこで、値下がりのリスクを負わずに、仮想通貨で支払いをする方法があります。

それは、仮想通貨取引所の口座に円を入金しておき、支払う直前に仮想通貨を購入して支払いに充てるという方法です。

仮想通貨は24時間購入が可能であり、支払う直前に買えば大きく価格が変わって損をする可能性も極めて低いです。

そして、ごく小さい単位から買うことができますから、支払いに必要な分だけ購入することができます。

まとめ

本稿で解説した通り、徐々に仮想通貨での支払いが広まってきており、日本では2020年の東京オリンピックを機にもっと広がってくる可能性があります。

現在は投資がメインとなっていますが、数年後には決済手段としての活用がメインになっているかもしれません。

また、仮想通貨での支払いによって、お得に買い物ができる可能性もあります。

ただし、損な買い物になる可能性もありますから、現金と仮想通貨の使い分けなどをきちんと知った上で利用するのが好ましいでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想通貨Tether(テザー)でハッキング被害発生

  • 【最新版】ビットコイン価格に対する専門家の予測

  • ビットコインが100万円を突破!この勢いは続く?

  • 世界各国のICO規制をまとめてチェック

関連する記事はこちらです

  • 未来のお金!仮想通貨の登場で金融システムはこう変わる

  • これは面白い!お年玉にビットコインをあげてみよう!

  • 【イーサリアム活用事例】フランスの保険会社AXAの航空保険に採用

  • 仮想通貨で私たちの実生活はどう変わるのでしょうか?

  • 公共料金の支払いでビットコインを毎月貯めよう

  • 仮想通貨はどんなことに使えるの?どんなメリットがあるの?