1. TOP
  2. 国の動き
  3. 仮想通貨の普及が進む世界の先進国に学べ!~オーストリアの場合~

仮想通貨の普及が進む世界の先進国に学べ!~オーストリアの場合~

国の動き 仮想通貨の活用
この記事は約 6 分で読めます。

ヨーロッパでは、オーストリアにおいて、1800支店の郵便局が仮想通貨の購入窓口となりました。

生活に密着している「郵便局」と言う存在が仮想通貨を取り扱うことによって、オーストリアでは仮想通貨がもっと身近なものになっていくことと思います。

本稿では、オーストリアのこのような取り組みを見ていきます。

オーストリアでは郵便局で仮想通貨が購入できる

世界における仮想通貨の先進国を上げるならば、アメリカ、中国、ヨーロッパ諸国があげられるでしょう。

公共事業と結びつくケースも少なくありません。

公共事業と結びつくということは仮想通貨が非常に高い信頼性を獲得したことの証拠と言えます。

日本でも、電気料金の支払いをビットコインでできる仕組みが作られています。

仮想通貨先進国のオーストリアでは、2017年7月、郵便局と仮想通貨取引所であるBitpandaとの提携を発表しました。

この提携によって、オーストリア全土の1800支店において、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュの購入が可能となりました。

これは、非常に大きなメリットがあるといってよいでしょう。

このような購入窓口がなければ、仮想通貨を購入したいと考える人は、仮想通貨取引所に口座を開設して購入するのが一般的なルートになります。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

しかし、仮想通貨取引所は不正をしてしまったり、破たんしてしまったりしたケースもありますから、まだまだ信用できない人も多いものです。

しかし、人々の生活に密着してきた郵便局で仮想通貨が提供されることになれば、安心して購入する人も増えることと思います。

これによって、仮想通貨の普及に拍車がかかる可能性は高いでしょう。

今回の提携先となったBitpandaは、2014年に設立された取引所であり、オーストリアのウィーンに本社があります。

30万人以上の顧客を抱えており、取引量は約2億ユーロに達しています。

郵便局としては、今後の仮想通貨の普及の波に乗る狙いがあり、Bitpandaとしては、利用者と取引量を増やしていく狙いがあります。

また、このサービスでは、仮想通貨にまつわる怪しげなイメージを払しょくすることにも役立つことでしょう。

Bitpandaの設立者であるエリック・デトゥス氏も、

 

デジタル通貨は、私たちの日常生活の中心を担っていくことになるでしょう。従来の通貨と何ら変わるところはありません

 

と言っていますが、怪しげなイメージが全くないならば、このような発言は出てこないはずです。

やはり、怪しげなイメージがつきまとうことは、取引所としても解消すべき問題であり、そのために郵便局と提携したという側面は強いと思います。

 

 

利用方法は実にシンプルで誰でも簡単に購入できる

また、郵便局で仮想通貨を購入するとき、非常に簡単に買えるのも特徴の一つと言えるでしょう。

オーストリアの郵便局の窓口で仮想通貨を購入する際には、紙媒体の「バウチャー」を買います。

バウチャーとは、様々なサービスに利用できるクーポン券のことであり、50ユーロ、100ユーロ、500ユーロから選んで買うことができます。

発行されたバウチャーは、利用の際に掲示することで、買い物やサービスの利用に使うことができます。

日本でいうならば、引換券のようなものだと考えると良いでしょう。

購入後、Bitpandaのウェブサイトにアクセスし、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュの4つの暗号通貨から選択し、バウチャーごとにコードを受け取ります。

この際、身元確認の必要はなくメールアドレスさえあれば手続きができてしまいます。

ただし、ユーザーアカウントにはそれぞれスターター、ブロンズ、ゴールドの3つのレベルが適用されており、アカウントのレベルによって、毎日売買できる仮想通貨の数量が決まります。

レベルが高くなれば、1日当たりに売買できる仮想通貨の上限が引き上げられていくという寸法です。

ネットの仮想通貨取引所でオンライン取引するのではなく、郵便局で取引をする場合にはオフラインでの取引になるわけですが、オフラインの取引手数料はオンラインの手数料と同じく、3%に保たれています。

Bitpandaでは、郵便局との提携によって、取引高を200万ユーロ増やすことを目的としています。

手数料が3%ですから、取引高が200万ユーロ増えることによって、Bitpandaの手数料収入は6万ユーロも増える可能性があるということです。

もちろん、仮想通貨が普及していくにつれて、郵便局でのオフライン取引高が増えていけば、それに応じて手数料収入も増えていき、Bitpandaの売上は伸びていくことでしょう。

 

 

仮想通貨の普及は世界中で始まっている

今回のオーストリアのように、仮想通貨をバウチャーで利用可能としたサービスは、実は他国でも見られます。

例えば、韓国のスタートアップ企業であるコインプラグでは、コンビニでビットコインを販売しています。

Okbitcardsというバウチャーをコンビニで買うことが可能であり、これを全国の様々な施設で利用することができます。

カナダでも、同様のサービスが見られます。

オーストリアのお隣のスイスでも、連邦鉄道会社のSBBにおいて、発券機でのビットコインの販売を始めています。

これらのことから、世界中で仮想通貨の普及が、大々的に始まっていることが分かります。

郵便局、銀行、鉄道など、様々な機関で仮想通貨の取組みが行われているのです。

仮想通貨を日常生活で当たり前に使う世の中は、思っているよりもずっと早く訪れるかもしれません。

日本の報道ではなかなか報じられないため、仮想通貨の普及はまだまだ先のことのように思ってしまうのですが、その認識は遅れているといえるでしょう。

国内だけに目を向けていたのでは、なかなか実情を掴み切れないものです。

だからこそ、世界の仮想通貨市場の実態にも目を向けることで、仮想通貨投資も有利に進めることができるのではないでしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018年でG20の仮想通貨への認識は徐々に変化。国際基準の実施は足踏みか

  • 日本ブロックチェーン技術サミット(JBT)の開催迫る!

  • ビットコインキャッシュのハードフォーク後の経過まとめ

  • coincheckの影響がすごい!ネムの暴騰を引き起こす

関連する記事はこちらです

  • 公共料金の支払いでビットコインを毎月貯めよう

  • インドの仮想通貨規制はどうなる?否定寄りの流れを払拭できるか?

  • ビットコインがVISA加盟店で使える、バンドルカードの魅力とは?

  • 中国のICO禁止令、仮想通貨の取引停止で市場はどうなる?

  • サウジアラビアで仮想通貨取引が違法に。その理由はどこにある?

  • バイナンスに対して金融庁が警告!その内容とは?