1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. ネム(XEM)
  4. ジビエ肉の流通にNEM(ネム)のmijinブロックチェーンが採用

ジビエ肉の流通にNEM(ネム)のmijinブロックチェーンが採用

ネム(XEM) 仮想通貨の活用
この記事は約 5 分で読めます。

通貨手段として生まれたビットコインに続き、その根底技術であるブロックチェーンを活用しながら、様々な仮想通貨が生まれています。

第二世代の仮想通貨には、非常にユニークな機能を持つ仮想通貨も、多数誕生しています。

その一つNEM(ネム)では、非常に広い活用が期待されていますが、今回、ジビエ肉の流通に活用されることが分かりました。

ジビエ×NEM(ネム)

ブロックチェーン技術と仮想通貨は、単に決済手段としてだけではなく、様々な用途への活用が期待されています。

ブロックチェーン技術では、ブロックチェーン上におけるすべての取引を確実に、半永久的に記録し続け、改ざんや消去が不可能であることから、流通の過程で不正が行われやすいものに対して、絶大な効果を発揮します。

海外では既にダイヤモンドの流通にブロックチェーンの活用が始まっていたのですが、10月3日の報道によって、日本でも流通への活用が始まることが明らかになりました。

一般財団法人日本ジビエ振興協会によって、ジビエ肉流通のトレーサビリティに、NEM(ネム)のmijinブロックチェーンが採用されることになったのです。

 

投資金を作る!方法ランキング

  1. スマホブックメーカー投資

    専門知識は一切不要!知識ゼロから誰でも始められる!
    スマホでスポーツ観戦しているだけで1日に10万円以上稼ぐことができる、
    そんな副業に興味はありませんか?
    株やFXとはまったく違う投資法、ゲーム感覚で稼げる新しい投資副業

    詳細を確認してみる ブックメーカーのページへ

 

ジビエとは、野生動物を狩猟して得られた鳥獣肉のことです。

普通、日本で一般的に食べられているのは牛肉、豚肉、鶏肉などの家畜の肉です。

地域によっては馬肉や羊肉を食べることもあると思いますが、あまり一般的ではありません。

このような家畜の肉に関しては、各都道府県が生産から消費までを管理しているため、安全性が保たれています。

また、食肉流通センターによって、品質面においても高水準に保たれています。

しかし、ジビエ肉にはこのようなシステムがありません。

それぞれの地域で獲れる野生動物、例えばシカやクマやイノシシなどが提供されていますが、正直なところ、出どころが不明な場合も少なくありません。

筆者は、田舎に住んでいたこともあり、イノシシやシカはしばしば食べていました。

牛、豚などよりもずっと美味しいと思いますから、大好きです。

先日も、北海道でエゾシカを食べましたが、これも非常に美味でした。

イノシシの肉が好きという人は結構多く、牡丹鍋などは高級品です。

しかし上記の通り、ジビエの流通経路は不明な部分が多々あります。

美味しいものであり、シカの増えすぎ防止や、農作物を荒らすイノシシの駆除などにも役立つわけですが、流通経路が不明という不安要素もあって、ジビエを気持ち悪く感じている人も中にはいると思います。

そこで、mijinのブロックチェーン上に、ジビエの加工食肉のデータを登録することができれば、かなり安全性が高まるでしょう。

加工から流通、そして消費までの日付、産地、経由地、管理者、数量、価格などのデータを全て記録し、誰でも追跡できるようにすれば、透明性は飛躍的に高まります。

もちろん、ブロックチェーン上に記録されているのですから、偽装の心配もありません。

これまで、ジビエに気持ち悪さを感じていた消費者も、そのジビエがどこで獲られ、どこで加工された、どんな食肉であるのかを、消費者自身が全て調べられるようになりますから、安心して食べられるようになります。

 

 

NEM(ネム)への影響は?

今回の例だけを見れば、そもそもジビエの消費量はそれほど多くないため、NEM(ネム)の需要拡大には直接的には大きな影響をもたらさないでしょう。

実際、ネムの価格への影響はほとんど見られません。

しかし、mijinはネムのプライベートチェーンであり、mijinでできることはネムでもできます。

mijinの実用化が進めば進むほど、ネムでもそれが可能ということにつながり、活用事例も増えてくることでしょう。

したがって、今回のジビエ業界への採用は、将来的な需要増大や価格への影響には好材料でしょう。

仮想通貨は、新たな決済手段として生まれたものですが、今やそれ以上の、実社会のあらゆる場面での活用が重視されつつあります。

ジビエへの活用は、「食」への活用です。

人間の生活の最も根本的な、本能的な部分への活用ですから、短期的な価格への影響はなくとも、高く評価してよいと思います。

 

 

まとめ

仮想通貨が実社会に、しかも「食」の分野に活用されたこと、また筆者自身がジビエを好むことからも、このニュースは非常に嬉しく読むことができました。

仮想通貨業界ではネガティブなことが続いていましたが、これを機にいいニュースが増えてくればと思います。

また、ビットコインなど、決済手段としての仮想通貨には否定的な意見も絶えないのですが、イーサリアムやネムのように、実社会にブロックチェーンを活かしていくプロジェクトに関しては、それほど否定的な意見も見受けられません。

ビットコインの普及に一目置きつつも、実社会への技術的な活用にも注目すべきでしょう。

ネムは、今年の3月には2円以下だったのですが、今や25円前後となっています。

そう考えると、かなり上がってきたと思います。

テックビューロ社なども後押ししているプロジェクトですから、将来が楽しみです。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中国の規制強化が短期間のうちに拡大

  • 米ヤフーファイナンスで仮想通貨の売買が可能に

  • 金融庁は「仮想通貨業界は成長してほしい」が本心。今後の取り組みに期待。

  • SECがビットコインETFをまとめて却下。市場への影響は?

関連する記事はこちらです

  • 【イーサリアム活用事例】フランスの保険会社AXAの航空保険に採用

  • Nano Wallet(ナノウォレット)の作成方法とNEM(ネム)送金手順

  • 仮想通貨と金融機関の関係。銀行は暗号通貨をどう考えている?

  • 仮想通貨の普及が進む世界の先進国に学べ!~オーストリアの場合~

  • coincheckのネム流出事件、ハッカーが一枚上手だった!?

  • NEM(ネム)Nano Walletアップデート方法を徹底解説!