1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. リップル(XRP)
  4. リップルコイン(XRP)2018年1ドル超えは既定路線?

リップルコイン(XRP)2018年1ドル超えは既定路線?

リップル(XRP)
この記事は約 5 分で読めます。

最近、リップルがアジア圏に積極的に進出しています。

それに伴い、価格が上昇しているケースもしばしばみられます。

それらの動きから、2018年にはリップルが1ドルまで上昇するという見解もあります。

本稿では、リップルがアジア圏に進出している背景とその影響、今後の見通しなどを確認していこうと思います。

アジア貿易の玄関口、シンガポールを基盤にアジアを制す!

2017年8月、リップル社はインドに新オフィスを設立し、アジア事業拡大の布石を打ったと報じられていました。

それに加え9月26日には、シンガポールにも新オフィスを設立することが伝えられました。

サンフランシスコを拠点にするリップル社が、どうしてアジア事業拡大の土地としてシンガポールを選んだのかと言えば、シンガポールは世界有数の貿易・金融ハブだからです。

リップルは、世界中の銀行をリップルネットワークにつなぎ、低コストで、即時に送金や決済ができる仕組みを作ることを目的として生まれました。

特に、海外の企業間の貿易などの際に威力を発揮すると目されているのですが、そのことを考えても、シンガポールへの進出には大きな意味があるといえるでしょう。

貿易業者や金融業者においても、シンガポールはアジアの玄関口とも言える国であり、実際に年間約60兆円もの貿易が行われています。

2017年にアメリカで発表された、世界都市ランキングではシンガポールが第6位にランクインしており、アジアでは第3位になっています。

リップル社としては、ここに目をつけるのは当然のことでしょう。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

リップル・アジア・パシフィックのマネージングディレクターである、ディリップ・ラオ氏は、今回のシンガポール進出について、以下のように述べています。

 

シンガポールは、為替・送金・決済システムの合理化を進めていく上で、非常に重要な国である。

今回、リップルはアジア太平洋地域の基盤を作るべくシンガポールに進出した。

ブロックチェーンを用いて、銀行や決済プロバイダ、さらに企業が即時送金できる環境を整えるべく、尽力していきたい。

 

シンガポールは、世界的に見ても、フィンテックの拠点として重要な地位を確立しています。

2017年初めには、シンガポール通貨当局が、イーサリアムブロックチェーン上において、シンガポールドルのトークンを作成しています。

また5月には、シンガポールの電力・ガス供給事業者が、エネルギー分野の革新のために、商業ブロックチェーン・ソリューション・プラットフォームの開発に踏み切っています。

このことについて、ディリップ・ラオ氏は、

 

シンガポールは、主要な貿易とフィンテックの拠点として、リップルに事業拡大をもたらしてくれるだろう。

 

と述べています。

 

 

シンガポール進出の影響

リップルのシンガポール進出の報道により、9月27日、リップル価格が上昇しています。

もちろん、中国の規制にともなう大暴落の反動もあるでしょうが、他の仮想通貨よりも大幅に上昇し、一時20%上昇となったのは、やはりシンガポール進出の報道の影響が大きいように思います。

これによって、リップルの価格は日本円にして22円程度まで上昇し、ビットコインキャッシュの時価総額を抜いて、再び第3位に返り咲くことになりました。

今後も上昇する?ナスダックの見解は知っ得!

これまでの、また最近のリップルの動きから、リップルは2017年に大きく伸びていますし、まだまだ伸びる余地はあるとされています。

アメリカの新興企業市場であるナスダックの見解によると、リップルは今後も伸び続け、2018年12月までに高騰するとされています。

そして、ナスダックの見立てでは、リップルは2018年末までに1ドルまで上昇するのは容易であり、さらに数年のうちに5ドルに達するとされています。

また、ナスダック曰く、「ある専門家は最終的に20ドルに達するだろうと予測しています」といった状況です。

仮に1ドルまで上昇したとしても、5倍達成ですので投資する価値はありそうです。

 

 

まとめ

リップルの世界的な浸透は、ビットコイン、イーサリアムと同様に、色々なところで広がりつつあります。

インドやシンガポールへの進出などの具体的な報道がでると、価格も正直に上昇しているのが特徴的です。

積極的に進出を進めているリップル社のことですから、今後も世界の主要都市への進出が報じられる可能性は大いにあります。

そうすれば、また今回のように、価格が上昇するかもしれません。

リップラーと呼ばれる熱狂的なファンも多いXRPですが、ポートフォリオに加える価値のあるアルトコインであることに疑う余地はありません。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

  • ビットコインキャッシュがハードフォークへ!

  • 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

  • ウォーレン・バフェットがビットコインはギャンブルだと発言

関連する記事はこちらです

  • リップルの時価総額がビットコインの2分の1、脅威の追い上げ

  • 将来的にリップルがビットコインに影響されなくなる理由

  • 世界規模の送金企業が「XRP」を採用?リップル=XRPではない?

  • XRPは有価証券か?リップル社とCEOが集団訴訟される

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • 世界のGoogleが出資したリップル(Ripple)とは?