1. TOP
  2. 海外取引所
  3. Binance(バイナンス)
  4. ついにきた!BinanceがXRP基軸の追加を発表!

ついにきた!BinanceがXRP基軸の追加を発表!

Binance(バイナンス) リップル(XRP)
この記事は約 5 分で読めます。

2018年を通して、XRPは提携や上場などのニュースが非常に多く、着実に勢力を広げてきました。

その勢いは衰えず、今年もあとわずかという段階でBinanceによるXRP基軸の追加が発表され、話題となっています。

本稿では、Binanceの発表の概要と、周辺の情報についてまとめていきます。

BinanceがXRP採用へ

世界最大の仮想通貨取引所の一つとして知られるBinanceが、XRPを基軸通貨に追加することが明らかとなりました。

BinanceのCEOであるCZ氏は、12月24日、自身の公式ツイッターで以下のように発表しています。

 

我々は、まもなくXRPを取引通貨として追加する予定だ。また、ユーザーインターフェースがのスペースが不足しているため、ETH市場をALIS市場へと改名する。メリークリスマス!

 

なお、末尾に「メリークリスマス」とありますが、これは以前、ツイッター上でユーザーからCZ氏に対し、

 

クリスマスに私のために高級車を買うか、XRPをBinanceの基軸通貨にするか、どちらか選んでください。

 

というコメントが送られたことを受けて、XRP採用の発表をクリスマスに合わせたものです。

仮想通貨業界界隈には、こういったシャレの利いた人物が多いように思います。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

XRP採用は必然

これまでもCZ氏は、XRPに対して関心を寄せるツイートをしばしば投稿してきました。

これは、XRPコミュニティがBinanceに対して、XRPを基軸通貨に採用するよう呼びかけを続けてきたことも影響しているでしょう。

CZ氏が、XRPコミュニティに対してコメントを募ったツイート(スレッド)は非常に多くのリツイートやコメントを集め、それに触発されてXRP採用に至ったとも考えられます。

もっとも、XRP採用の時期が早まっただけだとも言えるでしょう。

今年はXRPがETHを抜いて時価総額第2位となっており、今では時価総額に2000億円ほどの差がついています。

また、ビットコインとの相関性の低さにも注目が集まっていること、実用化に向けて大きく動いていることなども評価につながったものと思います。

 

仮想通貨業界全体に広がる動き

Binance以前にも、XRPを基軸通貨とする取引所はありました。

例えば、カナダの大手取引所であるCoinFirldでは、XRPと法定通貨のペアを提供しているほど積極的です。

また、12月22日にも、分散型取引所のCryptoBridgeにて、XRP/BTC、XRP/ETHペアの取り扱いが発表されています。

特にCryptoBridgeの場合は分散型取引所です。

これまで分散型取引所では、イーサリアムベースのブロックチェーンを利用した仮想通貨の上場は進んでいたものの、独自のチェーンを用いているXRPの上場はなかなか進んでいませんでした。

これは注目すべきニュースでしょう。

 

 

次はCoinbaseに期待が集まる

このほか、アメリカの大手取引所であるCoinbaseでも、XRPの上場が期待されています。

現段階のCoinbaseでは、有名どころではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、ジーキャッシュなどを取り扱っており、その他いくつかのアルトコインを合わせて計9種類の仮想通貨を取り扱っています。

今年7月、アメリカのニュースメディアであるCNBCがツイッター上で行った、「Coinbaseで上場してほしい仮想通貨は?」というアンケート結果では、XRPが34%で第1位となっており、アメリカ国内での期待が高まっています。

この結果を踏まえてかどうかわかりませんが、Coinbaseが今後上場の可能性がある仮想通貨を発表した際には、そのひとつにXRPが含まれていました。

また、今年10月には、Coinbaseの子会社が展開するカストディサービス(資産を管理し、取引の決済や配当金の受領を代行するサービス)を、ニューヨーク市当局が認可していますが、このカストディサービスには、XRPを含む6種類の仮想通貨も対象となっています。

このような一連の流れをから、XRPの採用が進んでいくとされる流れの中で、次に目玉となるのはCoinbaseだと思われます。

市場全体の上昇か、Binanceの発表の影響か、24日15時現在XRPは前日比13%の高騰を見せています。

Coinbaseに上場された際にも大きく上昇する可能性があるため、XRPに投資している人にとっては楽しみなイベントとなるでしょう。

 

 

まとめ

2018年を通じて、XRPは他の仮想通貨と比較して、かなりの躍進を見せたと言えるでしょう。

実社会への進出という点で考えると、ビットコインを始めとする主要仮想通貨はそれほど大きなニュースはなかったように思いますが、XRPは現実の経済にかなり食い込んできた印象があります。

XRPへの期待が高まっている今、特に注目しているという人も多いことでしょう。

当サイトでも、XRPの動向を引き続き追っていきたいと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想通貨業界に追い風か?金融庁が姿勢を軟化

  • 2019年仮想通貨市場はどうなる?米投資ファンドの展望について

  • ついにきた!BinanceがXRP基軸の追加を発表!

  • 2019年度の税制改正大綱が発表。仮想通貨取引の税制は緩和されず

関連する記事はこちらです

  • Binanceがハッキングの標的に!ハッカーの情報提供に懸賞金25万ドル

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • 実用化が進むXRPの動向から目が離せない

  • XRP実用化。顧客向け国際送金サービスを開始する銀行も

  • バイナンスに対して金融庁が警告!その内容とは?

  • 【2017年12月】リップル(XRP)が暴騰した背景に迫る