1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. リップル(XRP)
  4. XRPの取引高が増加。大手送金企業もリップルネットに加入

XRPの取引高が増加。大手送金企業もリップルネットに加入

リップル(XRP)
この記事は約 5 分で読めます。

先日、パリで開催されたブロックチェーンサミットにおいて、リップル社の製品であるxRapidの取引高が増加していることが発表されました。

また、世界第2位の送金企業であるRia Money Transferが、リップルネットの加入し、xCurrentを採用したことも話題となっています。

本稿では、実利用が順調に進むXRPについて、最近の主要ニュースとともに解説していきます。

xRapidの取引が増える

先日、パリでは「Paris Blockchain Week Summit」というブロックチェーンサミットが開催されました。

このサミットの中で、リップル社のバンキング部門責任者であるMarjan Delatinne氏が登壇し、未来の決済についてスピーチを行いました。

Marjan Delatinne氏のスピーチでは、リップル社の製品であるxRapidの取引高が増加していることにも触れています。

xRapidを採用している金融機関や送金企業などは多く、これまでも採用を表明した企業に注目が集まることはありました。

しかし、実際に実利用がどのように進んでいるかについて、それほど情報はなかったものです。

今回のサミットにおいて、リップル社の内部から、xRapidの実利用が進んでいるという情報が出てきたことで、xRapidの採用が進んでいるだけではなく、実利用も進んでいることが分かります。

また、スピーチの中では具体的な事例も挙げられています。

今年3月、Mercury FX社がxRapidを利用して、メキシコからフィリピンへ送金を実際に行ったことを発表して話題となりましたが、現在もこの送金は定期的に行われているようです。

新たな実用事例が公表されたわけではないものの、3月にMercury FX社が公表した際の送金額は「毎週数百万円規模」であり、今回のスピーチで公表された金額も「毎週数百万円規模」となっています。

しかし、xRapidの取引高は上昇しているというのですから、Mercury FX社以外でも利用されているという見方が妥当でしょう。

このことから、xRapidの実利用が順調に広がってきていることが分かります。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

世界第2位の送金企業も

さらに先日、世界第2位の大手送金企業であるRia Money Transferが、リップルネットに加入したことが分かりました。

これは、リップル社の公式発表によるものです。

Ria Money Transferは、世界155か国に37万以上の拠点を構えている送金企業であり、年間の取引額は400億ドルにも上ります。

Ria Money Transferでは、xCurrentの採用を発表しています。

これにより、Ria Money Transferはリップルネットに加入している200以上の金融機関と、スピーディかつ安全性の高い取引が可能となります。

Ria Money Transferの親会社は、アメリカの電子決済企業Euronet Worldwideです。Euronet Worldwideの送金部門CEOであるJuan Bianchi氏は、今回のリップルネット加入について、以下のように語っています。

 

我々は、世界第2位の送金ネットワークを築いてきた。

リップルネットに加入することで、よりスピーディで透明性の高い決済を提供できるようになる。

また、潜在的なパートナーのアクセスも容易になる。

時間は、顧客やパートナーにとって貴重なものである。

我々はそれを念頭に置き、イノベーションを創造していく。

 

このコメントの通り、Ria Money Transferでは、サービス向上のためにリップルネットに加入したことが分かります。

世界第2位の送金企業が、リップルネットへの加入がサービス向上につながると判断したのです。

このような大企業がリップルネットに加入したことは、XRPにとってかなりポジティブなニュースと言えるでしょう。

取引にXRPが用いられれば、需要が大きく伸びるでしょうし、価格も上昇すると考えられます。

 

 

まとめ

リップル社やXRPは、実利用に関するニュースが増えている印象があります。

もちろん、実利用だけではなく、ナスダックが仮想通貨インデックスにXRP指数を追加したり、BinanceがXRPが分散投資に向いていると発言したり、実利用ではなく投資の側面からニュースになることもあります。

このように、実利用と投資の双方の観点から注目されているXRPは、今後も躍進が期待できそうです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • フェイスブックの仮想通貨「リブラ」と他の仮想通貨との競合は?

  • Facebookの独自通貨「リブラ」のホワイトペーパーが公表

  • XRP導入、タイのサイアム商業銀行、送金サポートも開始

  • Binanceが米国ユーザー向けサービスを停止、Binance USの設立を発表

関連する記事はこちらです

  • XRPのコインベース上場について。値動きへの影響を考察

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • リップルコイン(XRP)2018年1ドル超えは既定路線?

  • 実用化が進むXRPの動向から目が離せない

  • XRPの実用化拡大。決済への実用化で普及は広がるか

  • XRPは有価証券か?リップル社とCEOが集団訴訟される