1. TOP
  2. 国の動き
  3. 【日本の規制】当局が匿名通貨モネロ、ダッシュの取引を制限

【日本の規制】当局が匿名通貨モネロ、ダッシュの取引を制限

国の動き ダッシュ(DASH) モネロ(XMR)
この記事は約 4 分で読めます。

これまで、マネーロンダリングやダークウェブでの悪用が度々問題視されてきた匿名通貨。

今回、日本で本格的に規制が始まっていくとの報道がなされましたので、ここに情報をまとめておきます。

日本でモネロ・ダッシュが規制へ

4月30日、フォーブスの報道によると、日本の規制当局が匿名通貨の取引を規制することが発表されたようです。

今回規制される仮想通貨は、匿名通貨として日本でも知名度がある、モネロとダッシュの二通貨です。

これらの仮想通貨は、日本でもcoincheckが取り扱っていたことから、それなりに知名度の高かった仮想通貨です。

coincheckは金融庁に認可を受けていないみなし業者ですが、その原因の一つに、モネロ、ダッシュ、ジーキャッシュといった匿名通貨を扱っていたことがあったとされています。

匿名通貨は、匿名性の高さが特徴であり、技術的には金融機関に注目されることがある反面、マネーロンダリングやダークウェブでの悪用が問題視されてきました。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

日本の金融庁でも、特にマネーロンダリングへの悪用を危惧しています。

coincheck事件以降、coincheckではこれらの匿名通貨の取引が停止されており、また金融庁の認可を受けるために今後も取り扱わないことを基本方針としていくようです。

また、現在登録を申請している仮想通貨交換事業者は100社以上に上りますが、これらの事業者にしても、おそらく匿名通貨は基本的に取り扱わない方針を採っていることでしょう。

すでに日本では、金融庁の匿名通貨に対する厳しい姿勢に、事業者が足並みをそろえる状況になりつつあります。

今後も、少なくとも日本においては、匿名通貨への風当たりが強くなっていきそうです。

仮想通貨先進国と言われている日本でのこのような動きは、世界の匿名通貨規制にどのような影響を与えていくのか、注目が集まります。

 

 

値動きへの影響は軽微

もっとも、この動きを受けて、匿名通貨の価格が暴落するような動きは起きていません。

海外での需要などとも考えあわせると、まだ将来性が断たれるというようなことにはならないからでしょう。

ハッキングで奪われた仮想通貨が、匿名通貨を介して行方不明になることがあるなど、悪いイメージも多い匿名通貨ですが、善用への期待も悪用への実需も高く、全世界が徹底して規制という動きになっていかなければ、価格が暴落するという方向にはいかないと思われます。

規制の議論が度々起こる匿名通貨を保有し、利益を狙っていくことは、一般的な仮想通貨投資よりもさらにリスクが高いと言えます。

今後は、「仮想通貨投資」と「匿名通貨投資」は違うといった視点で見ていくことも必要になっていくのかもしれません。

 

 

まとめ

匿名通貨は悪用されるリスクが高いため、これまでもたびたび議論の対象となってきました。

それが今回、ついに正式に規制という動きになるようです。

今後も、何らかの規制があれば、情報をまとめていきたいと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • XRPの取引高が増加。大手送金企業もリップルネットに加入

  • ビットコインのトランザクション数が2017年のバブル期を超える

  • 仮想通貨市場急落の引き金になったテザーの問題とその余波

  • XRPの実用化拡大。決済への実用化で普及は広がるか

関連する記事はこちらです

  • 金融庁は「仮想通貨業界は成長してほしい」が本心。今後の取り組みに期待。

  • 金融庁が仮想通貨交換業者の検査・モニタリング結果を中間発表

  • リップル(Ripple)の躍進に刮目せよ!インドに新事務所設立

  • 世界各国のICO規制をまとめてチェック

  • 中国ショックの再来か!韓国政府の禁止措置に備えよう!

  • 仮想通貨関連の法律「改正資金決済法」とは?