1. TOP
  2. 海外取引所
  3. BITTREX(ビットレックス)
  4. Bittrex(ビットレックス)が仮想通貨82種類の上場廃止を決定!

Bittrex(ビットレックス)が仮想通貨82種類の上場廃止を決定!

BITTREX(ビットレックス) 海外取引所
この記事は約 6 分で読めます。

仮想通貨取引所最大手のBittrex(ビットレックス)が、現在上場している仮想通貨のうち82種類について2018年3月30日をもって上場廃止とし、ウォレットサービスのサポートも終了することを発表しましたので、ここでまとめておきたいと思います。

Bittrex(ビットレックス)の上場廃止82種類のアルトコインとは?

2018年3月30日をもって、以下に含まれている仮想通貨の上場廃止を決定し、ウォレットが削除されます。

ウォレットが削除されると、これら82種類の仮想通貨を回収することができなくなりますので、お持ちの方は3月30日までに売却するか又は他の取扱取引所に送金するなど対処する必要があります。

 

8BIT、ADC、AM、AMS、APEX*、ARB、BITS*、BITZ*、BLC、BOB、BSTY、BTA
CCN、CRBIT*、CRYPT*、DAR、DGC、DRACO、DTC、FC2、FRK、FSC2*
GEMZ、GHC、GP、GRT、HKG、HYPER*、HZ、J、KR*、LXC*、MAX、MEC、METAL
MND、MTR*、MZC、NAUT、NET、NEU*、NTRN、OC*、ORB、PRIME*、PXI、ROOT*
SCOT、SCRT*、SFR*、SLG、SLING*、SOON、SPRTS、SSD*、STEPS*、STV、SWING
TES、TIT、TRI、TRK、U*、UFO、UNIQ*、UNIT、UNO、UTC、VIOR*、VIRAL*、VPN
WARP*、XAUR、XBB、XC、XCO、XDQ*、XPY*、XQN、XSEED*、XTC、YBC*

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

Bittrex(ビットレックス)の上場廃止基準

ビットレックスでは以前より上場廃止の基準をアナウンスしていますので、ここで確認しておきたいと思います。

 

  • Markets with less than 0.5 BTC (or equivalent) of average daily volume over a 7 day period and have been on Bittrex for 4 weeks or more.
  • Markets that consistency dip below the minimum volume requirement.
  • Markets with 0 daily volume.
  • Markets with low liquidity. Less that 15 BTC on the Buy side of the order book for Bitcoin markets.
  • Coins with no developer support or public developments.
  • Coins without working blockchains.
  • Coins which do not adhere to their target block times.
  • Coins with weak blockchain security. e.g. Low hash rates which can be exploited.
  • Coins which violate our policies.
  • Coins which have compliance issues.

7日間の平均出来高が0.5BTC未満の仮想通貨

一日の出来高がゼロの仮想通貨

流動性が低く、購入者の買い板が15BTC未満の仮想通貨

開発されていない、動いているブロックチェーンがない

低いハッシュレートが悪用されるなどセキュリティが脆弱である

ポリシーに違反する仮想通貨

コンプライアンスに問題がある仮想通貨

といった内容に抵触した場合には、上場廃止する可能性があると事前にアナウンスされているわけです。

要するに、流動性が低く誰も買わないような仮想通貨であったり、そもそも開発されていない、セキュリティに難がある、コンプライアンスに問題がある仮想通貨が上場廃止の対象になっているというわけです。

そもそもそんな仮想通貨を最大手の取引所が上場させるのってどうなの?と思いますが、ビットレックスはとりあえず上場させて、ダメなら廃止するという取引所の方針なのでしょう。

 

 

仮想通貨取引所の取扱通貨の流れ

ビットレックスに限った話ではありませんが、個人的に前々から思っていたこととしては、何でもかんでも上場させすぎだと感じていました。

株式市場では、マザーズやJASDAQ上場でも厳しい上場審査基準が整備されており、そう簡単に上場することはできませんが、仮想通貨の場合はお金さえあれば上場できてしまうという話はよく聞くところです。

 

仮想通貨取引所の取扱通貨が増え続ける上場ラッシュとも言うべき現在の流れは、2018年上半期頃でいったん終息するのではないかと予想しています。

その後は、仮想通貨取引所上場に関する一定のルールや基準をクリアしないと認められない方向に向かうのではないかと考えています。

 

 

まとめ

2018年は仮想通貨規制元年であるとともに、増えすぎたアルトコインの整理の年でもあると考えておいた方が良いでしょう。

そう考えると、草コイン投資はなるべく控え、時価総額ランキング上位のアルトコインに分散投資するのが、2018年の仮想通貨投資を乗り切る投資の王道になるのではないでしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
今注目のASOBICOIN(アソビコイン)プレセール情報
ASOBICOINのプレセール、事前登録が始まっています。

購入検討されている方はチャンスを逃さないためにも、今すぐの登録をお勧めします。

https://tokensale.asobimo.io/


プレセール事前登録

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • Binance CEOが語る「仮想通貨の市況はいまだにポジティブ」

  • ホリエモン仮想通貨祭が開催。そこで語られたこととは?

  • 動画配信に革命を起こす仮想通貨THETA(シータ/ThetaToken)とは?

  • Block Co+ Tokyo2018で松本零士氏登壇、トリニティプロジェクトを発表!

関連する記事はこちらです

  • CryptoCM(クリプトシーエム)の新規登録方法と特徴を総まとめ

  • SingularXでのセントラリティ(CENNZ)購入方法を徹底解説!

  • 【完全保存版】海外の仮想通貨取引所の選び方

  • Binanceが仮想通貨/ユーロペアの取り扱いを発表

  • 韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)でハッキング被害