1. TOP
  2. ビットコイン(BTC)
  3. ビットコインシルバー(BTSI)?ビットコインに更なる分裂予想!

ビットコインシルバー(BTSI)?ビットコインに更なる分裂予想!

ビットコイン(BTC)
この記事は約 3 分で読めます。

ビットコインゴールドのハードフォークが終わり、いよいよ11月のSegwit2Xのハードフォーク、通称B2Xに向けて市場が動き出した矢先、こんなニュースが飛び込んできました。

なんと、12月にもビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインシルバーが誕生するというのです。

ビットコイントークでの情報ですので、まだ本当かどうか確信はありませんが、情報が命の仮想通貨の世界ですから、ご紹介させて頂くことにします。

ビットコインシルバー(BTSI)の仕様

供給枚数:2100万枚

マイニング:POW(Proof of Work)

ハードウェア:GPU(ビットコインゴールドと同じ)

ブロックサイズ:1M(2-4M)

ブロック間隔:30秒

Segwit:あり

リプレイ保護対策:あり

 

ビットコインシルバーの仕様をみて、最初に感じたのは、ビットコインゴールドと違うのはブロックサイズだけで、ハードフォークする意味があるのかな?という印象です。

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

ビットコインシルバーの目的

ビットコインシルバーの目的は、一部の企業に偏ったマイニングを再び分散化させることで、サトシ・ナカモトが理想とした非中央集権化の仕組みを取り戻すことにあるみたいです。

私としては、今年のビットコイン分裂騒動をみていると、非中央集権化が引き起こしたジレンマなのかなと感じていますので、いくら分散化しても、時間の経過とともにまた一部の企業や組織に収束していく気がしています。

非中央集権化が理想的なのはわかりますが、人間が携わっている以上、現実的には難しい仕組みに思えて仕方ありません。

ビットコインシルバーの入手は?

ビットコインシルバーの初期コイン分配方法はビットコインキャッシュ(BCH)と同じです。

すなわち、12月にBTC秘密鍵を所有しているビットコインホルダーに対し、1BTC当たり1BTSIのビットコインシルバーが分配されることになります。

まとめ

ビットコイントークの情報を基に翻訳したものですので、まだ12月にビットコインがハードフォークするかどうかはわかりませんが、ビットコインシルバー(BTSI)が12月に誕生する可能性があるということは仮想通貨投資家として頭に入れておくべきでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

ビットコインシルバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • 実用化が進むXRPの動向から目が離せない

  • ビットコイン価格が急騰。その背景として考えられる3つのこと

  • CROSS exchangeの口座開設方法と取引マイニングなどを徹底解説

  • JVCEAも注意を喚起。ビットコインキャッシュハードフォークに備える

関連する記事はこちらです

  • なぜビットコインに価値があるのか?その3つの理由とは

  • ビットコインで税金が払える!?アリゾナ州での動き

  • ビットコイン分裂最前線!ビットコインゴールド、B2Xとは何者?

  • ビットコインが100万円を突破!この勢いは続く?

  • 最近話題の「ビットコインETF」。市場への影響は?

  • 遂にビットコインが東南アジアに進出か?ベトナムで正式承認!