1. TOP
  2. 仮想通貨投資
  3. 迫るビットコインの半減期、その影響は?ライトコインはすでに影響濃厚

迫るビットコインの半減期、その影響は?ライトコインはすでに影響濃厚

仮想通貨投資 ライトコイン(LTC) ビットコイン(BTC)
この記事は約 5 分で読めます。

仮想通貨の重要ファンダとして、半減期に注目している人は多いと思います。

ビットコインも、2020年5月20日ごろに半減期を控えており、これに向けて買い集める動きがあることを指摘する専門家もいます。

半減期を迎えたビットコインは、どのような値動きになっていくのでしょうか。本稿では、過去の半減期の例、最近のライトコインの値動きなども踏まえつつ、ビットコインの半減期について解説していきます。

ビットコインの半減期が迫る

仮想通貨の価格に大きな影響を与える要素のひとつに、「半減期」があります。

半減期とは、その仮想通貨をマイニングすることによって得られるマイニング報酬が半減するタイミングのことです。

マイニング報酬としてマイナーに支払われる仮想通貨が半減することは、その仮想通貨が上限枚数まで新規に発行される枚数が半減するということです。

市場へ供給される通貨の量が減少すれば、その通貨に対する需要が供給を下回らない限り、その通貨の希少性は高まり、価格も上昇することになります。

需要が高まっている仮想通貨であれば、価格への影響はさらに大きくなります。

ビットコインは、ブロック数が21万ブロックに達したタイミングで半減期を迎えます。

過去には、2012年6月に50BTCから25BTCへ、2016年6月に25BTCから12.5BTCへとマイニング報酬が減少しています。

当時、ビットコインへの注目度や価格は低く、市場に参入している投資家も少なかったため、半減期が価格に与える影響も、最近の値動きと照らし合わせてみると、それほどインパクトがあるようには思えません。

しかし、過去の半減期でもビットコイン価格が確実に上昇しています。

今や仮想通貨への関心は非常に高まっており、半減期の影響も大きくなっていると考えられます。

ビットコインの次回の半減期として予定されている2020年5月20日には、今以上に仮想通貨への関心が高まっているでしょうから、半減期の影響はかなり大きくなることが予想されます。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

ライトコインの動き

2017年ごろから、仮想通貨に対する関心が急速に高まり、半減期の影響も大きくなってきていることは、最近のライトコインの値動きからも分かります。

ライトコインは、ビットコインよりも一足早く、今年8月6日に半減期に到達するとされています。

これが材料視されたようで、ライトコインの価格は今年に入ってから順調に値上がりを続け、今年1月1日には3247円であったものが、5月26日現在では1万1325円まで上昇しています。

もちろん、半減期以外にも材料がないわけではありません。

しかし、多くの仮想通貨で半減期の半年前あたりから上昇する傾向が確認されていることから、ここ数ヶ月のライトコインの値上がりは、半減期による影響も大きいものと考えられます。

 

 

ビットコインの価格はどうなる?

ライトコインの値動きからも、仮想通貨への関心が高まっているタイミングで訪れる半減期が、仮想通貨の価格に大きな影響を与えることが分かります。

ビットコインも、今後長期的に上昇が続くとみている専門家は多いようです。

現在のビットコイン価格は、緩やかな上昇を続けていますが、これも1年後の半減期に向けて、ビットコインを買い集めている投資家がいると指摘する専門家もいます。

最近の上昇が、半減期に備えての買い集めによる上昇であれば、今後も長期的に買い集めと価格上昇は続くと考えられます。

もちろん、短期間で急速に上昇する可能性も十分にあるでしょう。

仮想通貨市場は、相場への関心や様々なニュースによって左右されやすいものです。

また、価格が上昇を始めたとき、相場に参入してくる投資家が加速度的に増えていきます。

仮想通貨への関心が高まっていく中で、新規に参入した投資家の多くは、とりあえずビットコインを買う傾向があります。

つまり、今後のビットコインは、

 

  • 関心の高まりによって買われることが増え、需要が高まる
  • 半減期によって、供給が少なくなる

 

などの影響によって、需要増と供給減の両面から、大きな値上がりが期待できるのです。

今後は、半減期だけではなく、機関投資家の参入が増えたり、実用化を含む様々なサービスが展開されたりすることによっても、ビットコインの価格が上昇していく可能性があります。

 

 

まとめ

仮想通貨市場は、何かをきっかけに市場全体が暴落することも多く、半減期が控えているビットコインでも油断は禁物です。

しかし、不測の事態が起こらない限り、市場の原理から考えて価格は上昇するとみるのが自然です。

仮想通貨投資に参入するタイミングを計っている人にとっては、半減期が良いきっかけになるかもしれません。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • リップル第2四半期レポート公開。XRP販売に期待

  • 非難囂々のリブラの公聴会。しかし市場は安堵感を取り戻す

  • テザー問題とリブラ問題の影響。暴落の背景を探る

  • トランプ大統領が仮想通貨を痛烈に批判

関連する記事はこちらです

  • 2019年の仮想通貨はどうなる?ブロック報酬の半減が起爆剤になるか

  • 遂にビットコインが東南アジアに進出か?ベトナムで正式承認!

  • ビットコインと、Tポイントやマイレージとの本質的な違い

  • ビットコインの最高値更新でありえない価格差!Zaifで99.9万円?

  • SECの新執行委員が加入。ビットコインETFの追い風となるか?

  • ビットコインが独走を続けるとは限らない理由