1. TOP
  2. 国内取引所
  3. コインチェック(coincheck)
  4. ビットコインがもらえる!「coincheckでんき」の対象エリア拡大

ビットコインがもらえる!「coincheckでんき」の対象エリア拡大

コインチェック(coincheck) ビットコイン(BTC)
この記事は約 5 分で読めます。

国内の大手取引所の一つであるコインチェックでは、以前からユニークで実用性が高い取り組みとして、電気料金をビットコインで支払うことができるサービスを提供していました。

しかし、適用範囲が狭く、利用できない人も多いというデメリットがありました。

そんな中、コインチェックは9月13日、coincheckでんきのエリアを大幅に拡大すると発表しました。

これによって、coincheckでんきを利用できる人はかなり多くなるのではないでしょうか。

ついにあなたも利用可能?お得なcoincheckでんきの対象エリアを確認

 

発表前、coincheckでんきの適用範囲は、東京電力、中部電力、関西電力エリアだけでした。

 

北海道地方、東北地方、北陸地方、中国地方、四国地方、九州地方では利用することができなかったわけです。

しかし、9月13日のコインチェックの発表により、北海道電力、東北電力、中国電力、九州電力のエリアでも、coincheckでんきの利用が可能となりました。

残念ながら現在も北陸電力、四国電力、沖縄電力の3管轄エリアでは利用することができません。

それでも、将来的には残る3管轄のエリアについても順次適用されていくのではないかと思います。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

coincheckでんきのメリット

当初は東京、中部、関西エリアだけで提供されていたcoincheckでんきですが、ビットコインで公共料金を支払えることで話題になり、また以下で紹介する通りのメリットもあるため、エリア外のユーザーからエリア拡大が強く望まれていたようです。

そして今回、ついにエリア拡大となりました。

coincheckでんきの利点は、電気料金をビットコインで支払うことによって電気代が割安になる、又は、今まで通りの支払いでビットコインが付与されるという点です。

前者をビットコイン決済プランといい、電気料金が1~7%安くなります。

後者はビットコイン付与プランといい、電気料金の1~7%がビットコインで還元され、還元分のビットコインがコインチェックのウォレットに貯まっていきます。

この時の割引率&付与率は、利用する電力会社と利用量によって異なります。

 

 

北海道電力エリア

30A:1%、40A:4%、50A:6%、60A:7%

 

東北電力エリア

40A:3%、50A:4%、60A:5%

 

東京電力・中部電力エリア

従量電灯B・40A:4%、従量電灯B・50A:5%、従量電灯B・60A:6%、6従量電灯C:6%

 

関西電力エリア

平均使用量350kWh以上:5%

 

中国電力エリア

平均使用量300kWh以上:5%

 

九州電力エリア

40A:2%、50A:4%、60A:5%

 

 

このようなメリットからも、coincheckでんきの契約者は増えてくることが予想されます。

もっとも、ビットコインを使うことに抵抗がある人もまだまだ多いため、爆発的な増加は見込めません。

コインチェックでも、2017年内に1500軒、2018年内に5000軒の契約を見据えているようです。

また、ガスの支払いにもビットコインが活用できる仕組みの構築を目指しており、様々な生活インフラの決済に展開していく予定です。

ビットコインによって、あらゆる公共料金や生活インフラの決済が可能となれば、ビットコインの普及は一層進むことと思います。

需要が高まればビットコイン価格は上がっていきます。

ですから、早いうちにcoincheckでんきの利用を始め、少しずつビットコインを貯めていけば、それがやがて値上がりしていくことで、それなりの貯蓄に成長するかもしれません。

例えば、電気料金を毎月1万円使っている家庭でcoincheckでんきを導入し、毎月5%のビットコイン還元を受けたとします。

5%といえば500円分のビットコインということですから、1年間で6000円分のビットコインが貯まるのです。

その年の平均的なビットコイン価格が40万円であったと仮定すると、0.015BTCが貯まります。

今後、ビットコインの価格が上昇していき、60万円に上昇したならば、貯めていたビットコインの価値も9000円に上昇します。

こんな感じで、毎月貯めていったビットコインの価値が上昇していけば、何年間も継続するうちに、それなりにまとまった貯蓄になることが分かります。

まとめ

上記のような仕組みによって、ただ電気料金を支払い続けるよりも、圧倒的にお得なサービスであることが分かります。

今回、適用エリアがかなり拡大したことで、利用可能になった人も多いと思います。

この機会にcoincheckでんきを利用してビットコインを貯めてみては如何でしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ZUTTO PROJECTとは?基本概要や特徴を総まとめ

  • 2018年でG20の仮想通貨への認識は徐々に変化。国際基準の実施は足踏みか

  • 日本ブロックチェーン技術サミット(JBT)の開催迫る!

  • ビットコインキャッシュのハードフォーク後の経過まとめ

関連する記事はこちらです

  • ビットコインは本当に底打ち?あらゆる角度から徹底検証

  • ビットコインの仕組みを知る一歩、電子署名を理解しよう

  • ビットコインの最高値更新でありえない価格差!Zaifで99.9万円?

  • ビットコインと、Tポイントやマイレージとの本質的な違い

  • coincheckの影響がすごい!ネムの暴騰を引き起こす

  • 【Segwit2x】11月のBTCハードフォーク対立戦争のシナリオを予言!