1. TOP
  2. アルトコイン・トークン
  3. リップル(XRP)
  4. XRPがBittrexでUSDペアの取り扱いを発表。XRPの価格にどう影響するか

XRPがBittrexでUSDペアの取り扱いを発表。XRPの価格にどう影響するか

リップル(XRP)
XRP
この記事は約 5 分で読めます。

8月9日、大手仮想通貨取引所のBittrexにおいて、XRPのUSDペアでの取り扱い予定が発表されました。

最近のXRPは下落が続いており、年初来最安値を更新しています。

さらに、訴訟問題などによっても不安定な状況に置かれています。

本稿では、ポジティブな要素とネガティブな要素の両面から、XRPを取り巻く環境をお伝えしていきます。

XRPがBittrexでUSDペア追加へ

アメリカの仮想通貨取引所であるBittrexは、世界最大級の仮想通貨取引所の一つとして知られており、非常に多くの顧客を抱えています。

それだけに、Bittrexの動向が仮想通貨の価格に影響を与えることもしばしばです。

そのBittrexの公式ブログにおいて、8月9日、XRP(リップル)とETC(イーサリアム・クラシック)を、USDペアでの取り扱いを予定としていることが発表されました。

発表によると、8月20日に開始予定とのことです。

これにより、Bittrexでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDT(テザー)、TUSD(トゥルーUSD)、XRP(リップル)とETC(イーサリアム・クラシック)の計6種類がUSD建てに対応したこととなります。

このほかのポジティブな要素

ついでに述べておくと、iPhoneアプリとして利用可能な仮想通貨ウォレットであるGincoも、8月6日、XRPに対応することとなりました。

Gincoは日本発の仮想通貨ウォレットであり、仮想通貨投資家からの人気も高いため、これもポジティブな要素と捉えることができるでしょう。

 

今稼げる!投資ランキング

  1. CROSS exchange 取引マイニング

    取引マイニングは先にやったもん勝ちです!
    誰よりも早くやった方が先行者利益を確保できます。
    今一番熱い案件、クロスエクスチェンジ
    行動に移した人だけが稼ぐ、これ現実です。

    CROSSexchangeの詳細を確認 公式サイトへ

 

XRPの最近の価格動向

2017年から2018年にかけての年末年始の期間、仮想通貨は軒並み大幅な上昇を見せ、XRPも一時400円を超える大暴騰となりました。

しかし、その後は長期の下降トレンドを形成しており、反転の兆しがなかなか見えません。

そんな中、8月8日、ついにXRPは年初来最安値を更新し、8月9日17時現在では約37円となっています。

同時期に、XRPと並んで主要アルトコインとされるLTC(ライトコイン)も、年初来最安値を更新しています。

ビットコインは、しばしば反転の兆しを見せていますが、アルトコインは総じて弱気な値動きとなっています。

アルトコインの下落に引っ張られる形で、仮想通貨市場の時価総額全体でも、年初来最安値を更新しています。

年初来最安値を更新したXRPやLTCに対し、底値買いを狙った買いが入ることで、反転する可能性があるとも言われています。

しかし、市場全体が下落トレンドを形成している現在、底値買いを狙う動きと、様子見のために買いを控える動き、あるいは損切りのために売る動きなどを比較すると、反転につながるかどうかは疑わしいとも考えられます。

今後も、冷静な投資が求められるでしょう。

 

 

XRPへのネガティブな要素

なお、昨今のリップル社に対するネガティブな要素として、訴訟問題が挙げられます。

今年5月3日、リップル社がXRPトークンを売り出したことに対して、連邦証券法違反として、一般投資家や法律事務所が訴訟を起こしています。

8月7日にも、証券関連訴訟で大きな実績(2017年の証券集団訴訟和解件数第1位)を持つローゼン法律事務所が、リップル社がXRPの売買について連邦証券法違反を犯しているとして、リップル社とXRPの調査に乗り出すとの発表がなされました。

これらの一連の訴訟や調査の結果は、XRPを証券とみなすかどうかという点に何らかの影響を与える可能性があります。

現在、SECでは、ビットコインやイーサリアムが有価証券に当らないとしているものの、XRPに対する解釈は明確になっていませんが、このような法律上の問題は今後のSECの見解と無縁ではありません。

このように、XRPを取り巻く環境には、ポジティブな要素とネガティブな要素が混在しており、非常に不安定だとする見方も強いです。

この意味においても、XRPへの投資には慎重さが求められると言えます。

 

 

まとめ

XRPは、時価総額第3位の仮想通貨であり、アルトコインの中でも特に人気の仮想通貨です。

世界中の大手金融機関からも注目が集まっており、XRPが普及すれば決済が非常に便利になると言われています。

BittrexでのUSDペアでの取り扱い追加は、その人気の表れだと言えるでしょう。

このように、XRPは仮想通貨の中でも、特に実用化に向けての勢いがある仮想通貨と言えますが、同時にいくつかの無視できない問題を抱えているのも事実です。

人気の高い仮想通貨であるだけに、仮想通貨市場への影響も小さくありません。

今後もXRPの動向には注目していくべきでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ZUTTO PROJECTとは?基本概要や特徴を総まとめ

  • 2018年でG20の仮想通貨への認識は徐々に変化。国際基準の実施は足踏みか

  • 日本ブロックチェーン技術サミット(JBT)の開催迫る!

  • ビットコインキャッシュのハードフォーク後の経過まとめ

関連する記事はこちらです

  • 世界のGoogleが出資したリップル(Ripple)とは?

  • XRPが東京オリンピックの公式通貨に?

  • リップル幹部がネガティブ発言、その発言の真相とは?

  • 将来的にリップルがビットコインに影響されなくなる理由

  • リップルコイン(XRP)2018年1ドル超えは既定路線?

  • リップルの時価総額がビットコインの2分の1、脅威の追い上げ