1. TOP
  2. ビットコイン(BTC)
  3. 貸ビットコインとは?Bitcoinを貸して利益を得る方法

貸ビットコインとは?Bitcoinを貸して利益を得る方法

ビットコイン(BTC)
この記事は約 6 分で読めます。

仮想通貨はお金と同じなので、貸して利息を得ることも可能です。

貸ビットコインで儲ける方法はこちらです。

はじめに

ビットコインの使い方には、主に二つの方法が知られています。

一つは投資であり、もう一つは買い物です。

しかし、ビットコインの用途はそれだけではなく、ビットコインを貸し出して利息を得るという方法があります。

本稿では、貸ビットコインの概要について解説していきます。

投資金を作る!方法ランキング

  1. スマホブックメーカー投資

    専門知識は一切不要!知識ゼロから誰でも始められる!
    スマホでスポーツ観戦しているだけで1日に10万円以上稼ぐことができる、
    そんな副業に興味はありませんか?
    株やFXとはまったく違う投資法、ゲーム感覚で稼げる新しい投資副業

    詳細を確認してみる ブックメーカーのページへ

貸ビットコインとは

ビットコインの使い道は大きく分けて、投資と消費活動です。

ビットコインで買い物をすることは別として、投資に使う場合、ビットコインを買い、買った価格よりも値上がりした時に売ることによって、その差益分を儲けることができます。

しかし、ビットコインを使った儲け方は、何も売買差益によるものばかりではありません。

また、差益を儲けたいと思っても、思ったような値動きにならず、損失が出てしまうこともあります。

そのような場合、ビットコインを貸すことによって、利息をもらうという儲け方を検討してみるのが良いでしょう。

通常、お金を貸す、すなわち融資には怖い側面があります。

友達に貸す場合でも、知り合いに貸す場合でも、貸す相手によってきちんと返済される確率は大きく変わってくるわけですから、「ひょっとしたら返ってこないのでは?」という危惧は常にあるでしょう。「ビットコインを貸す」という場合にも、誰に貸すかによって、印象はかなり変わってくると思います。

また、利率も重要です。もし利率が低く、ビットコインを貸し出してもそれほど利息が得られないならば、社債や外債でも買っておいた方がたくさんの利息がもらえます。

貸ビットコインで貸し出す相手は、取引所になります。

貸ビットコインを提供している取引所は、大手取引所のcoincheck(コインチェック)ですから、coincheckに貸し出すということです。

coincheckにビットコインを貸すということは、「融資」というよりは、銀行の「定期預金」のようなものと捉えたほうが良いでしょう。

銀行に預金すると、銀行はその預金を利用して投資や融資を行ない、そこから得られた利益を利息として預金者に配分します。

それと同じように、coincheckにビットコインを貸すと、coincheckはそのビットコインを利用して事業を行ない、事業によって得られた利益を顧客に配分するのです。

「銀行に定期預金するようなもの」と言いましたが、coincheckへの貸ビットコインも銀行の定期預金と同じく、あらかじめ決めた貸付期間を満了しなければ、返還を受けることができません。

そして、貸付期間によって、得られる利率は変わってきます。

具体的には、下記の通りです。

貸付期間 利率
14日間 年利1%
30日間 年利2%
90日間 年利3%
365日間 年利5%

当然のことながら、ビットコインを貸している最中は、相場が急上昇しても売ることはできませんし、送金することもできませんし、買い物に使うこともできません。

したがって、短期的に投資したいと考えている人は、利益の得られるタイミングを逃さないように売る必要があるため、ビットコインを貸し付けるのは適していないでしょう。

しかし、長期投資を前提として投資する人ならば、貸し付けを有効活用するのが良いでしょう。例えば、

「ビットコインはもっと値上がりするだろうから、少なくとも1年間は保有しておこう」

と考えるならば、365日間の貸付けをしておき、1年後の売却までの間に利息収入を得るのです。

365日の貸付けによって年利5%を得られるというのは、悪くない利回りです。

年利5%を得るためには、債券投資ならばある程度のリスクのある社債や外債でなければありえませんし、株式投資でもインデックス投資の利回りが5%程度とされています。

したがって、ビットコイン投資をしている人が、ビットコインをただ遊ばせておくのではなく、うまく活用して利息を受け取るということは、賢明な手段なのです。

ちなみに、ビットコイン以外のアルトコインについても同様に貸すことができるため、コインチェック取引所では貸仮想通貨と呼んでいます。

どの仮想通貨を貸しても年利に違いはなく、違う点は、利息として受け取る際は、貸した時の仮想通貨で受け取ることになるという点だけです。

貸ビットコインのリスク

ただし、貸ビットコインには下記のようなリスクがあることも予め認識しておくべきです。

 

・急落時に対処できない

ビットコインの価値はまだ安定しておらず、何らかの事件によって急落することもあるかもしれません。

大方の見解では、今後も長期的に値上がりしていくだろうとされていますが、一寸先は闇です。

もし壊滅的な状態になったとき、ビットコインを貸し出していなければ、すぐに売って損失を小さく抑えることができますが、貸し付けていればそれができません。

したがって、安全のために、短期間で一旦契約が満了するように設計するなどの対策を検討してみる必要があるでしょう。

 

・コインチェック取引所の倒産

ビットコインを貸し出している最中に、coincheckが倒産した場合、貸し出していたビットコインが返ってくる保証はありません。

そもそも、貸ビットコインは無担保の消費貸借契約だからです。

倒産したということは、会社にお金がほとんどない状況であり、銀行その他からの借り入れへの対処が優先される中で、ビットコインを貸し出していた顧客全員への返済が可能とは思えません。

したがって、coincheckの経営が危険と思っている人は、ビットコインの貸し出しは避けた方が良いでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中国の規制強化が短期間のうちに拡大

  • 米ヤフーファイナンスで仮想通貨の売買が可能に

  • 金融庁は「仮想通貨業界は成長してほしい」が本心。今後の取り組みに期待。

  • SECがビットコインETFをまとめて却下。市場への影響は?

関連する記事はこちらです

  • なぜビットコインに価値があるのか?その3つの理由とは

  • ビットコインが使える店舗が急増している中、廃止する動きも

  • ビットコインと電子マネーの違いについて、わかりやすく説明しました

  • ビットコインって誰が作ったの?誰が管理してるの?

  • ビットコインが独走を続けるとは限らない理由

  • ビットコイン分裂最前線!ビットコインゴールド、B2Xとは何者?