1. TOP
  2. 国内取引所
  3. ビットポイント(BITPOINT)ってどんな取引所?

ビットポイント(BITPOINT)ってどんな取引所?

仮想通貨の取引所のひとつ、ビットポイント(BITPOINT)を紹介します。

ビットポイントの特徴を見ていきましょう。

はじめに

2017年は仮想通貨元年であり、仮想通貨投資が盛り上がっています。

仮想通貨取引所に口座を開設する人も増えました。

本稿を読んでいる皆さんの中にも、口座を開設する取引所で悩んでいる人がいることでしょう。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、慎重に選ぶべきです。

よくない取引所を選んでしまうと、その取引所の不祥事に巻き込まれてしまったり、取引所が閉鎖して資産を失ったりする可能性があります。

また、取引所によって特徴が異なりますから、自分の投資スタイルに役立つ取引所を正しく選ぶことによって、有利に投資をすることができます。

本稿では、国内大手取引所の一つであるビットポイントについて解説していきます。

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

ビットポイントは上場会社が運営している

仮想通貨が取引できる取引所は様々ありますが、中には、取引所の立場を利用して顧客のビットコインを横領するような事件(マウントゴックス事件)もありましたし、短期間のうちに閉鎖してしまう取引所もあります。

したがって、仮想通貨投資に興味があっても、どの取引所を使えば安心なのかということがわかりにくく、躊躇してしまう人もいると思います。

信頼性という点でお勧めしたい取引所は、何といってもビットポイントです。

ビットポイントは取引所名であり、この取引所を運営しているのは、上場企業であるリミックスポイントです。

もちろん、上場企業が運営していれば絶対的に安全ということではありませんが、そうでない取引所に比べれば安全性は高いです。

上場企業の概念とは、その企業の持ち主は株主だというものであり、社長や重役はあくまでも「株主に経営を任されている」だけです。

不祥事を起こしたり、まずい運営をしたりして、株価の低下を招き、株主を損させるわけにはいきません。

だからこそ、そもそも仮想通貨の取引所を運営することに勝算がなければ参入しておらず、上場企業の判断によって取引所を運営しているという事実そのものが、一定の信頼をもたらしてくれるのです。

簡単に言うと、「投資家の目が光っているから、下手なことはできない」ということです。

ビットポイントの特徴

BITPoint

他の取引所と比較して、ビットポイントは以下のような特徴を備えています。

現物取引の手数料が無料

現物取引とは、レバレッジをかけることなく、口座内の手元資金だけで取引をすることです。

ビットポイントでは、ビットコインとイーサリアムの現物取引が可能となっており、取引手数料が無料です。

ビットコインやイーサリアムは、多くの取引所が取り扱っており、これらを買うならばどの取引所でもよいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、逆に言えば、どの取引所でもよいならば、手数料が安いビットポイントはお勧めです。

ビットコインと外貨の交換が可能

ビットコインを売る時、多くの取引所では、日本円で受け取ることになります。

しかしビットポイントでは、米ドルやユーロで受け取ることができます。

ただし、外貨での入出金には対応しておらず、あくまでもビットコインを売却して得るお金を、外貨で保有できるということです。

このことについて、大してメリットを感じられない人もいると思います。

しかし、その時々の状況に合わせてこの機能を利用すれば、合理的な資産運用の助けとなります。

例えば、1BTC=40万円のタイミングで1BTC買い、1年後に1BTC=50万円になったとします。

その際、売却して50万円分の日本円で受け取る方法と、50万円分の米ドルで受け取る方法を比較してみましょう。

この時、もし米ドル/円のレートが円高であり、仮に1米ドル=95円であったとします。

このような場合、米ドル/円のレートが1ドル=95円以下に下がる可能性と、1ドル=95円以上に上がる可能性を比較すると、1ドル=95円以上に上がる可能性のほうが圧倒的に高いでしょう。

一時的に95円以下になるかもしれませんが、100円以上に向かって変動する可能性の方が高いことが予想されます。

したがって、1BTC=50万円の時に、50万円分の日本円で受け取るのではなく、50万円分の米ドルすなわち約5263ドルで受け取っておくのです。

その後に米ドル/円のレートが105円に上昇してから、5263ドルを日本円に替えれば、55万2615円の日本円を受け取ることができます。

つまり、1BTC=40万円で購入し、50万円に上昇してから日本円で売れば、あくまでも受け取れる金額は50万円、利回りは25%です。

しかし、1BTC=40万円で購入し、50万円に上昇してから1ドル=95円で売り、後に米ドル/円のレートが1ドル=105円になってから日本円に替えて約55万円を受け取ったならば、利回りは37.5%まで高まるのです。

以上のように、ビットコイン投資をする際には、為替レートも考慮しながら取引することによって、利回りを高められる可能性があるというわけです

レバレッジ取引とビットポイントFX取引

ビットポイントには、レバレッジ取引が2種類あります。

一般的な「レバレッジ取引」と、ビットポイント独自のレバレッジ取引である「ビットポイントFX取引」があるのです。

どちらもレバレッジ取引ですから、レバレッジを利かせた取引ができるという点では同じです。

つまり、手元資金の数倍の取引が可能にあるというわけです。

レバレッジをかけることによってリスクは高まりますが、正しい計算によってレバレッジをかけることで、大きなリターンを得られる可能性もあります。

ビットポイントFX取引ではMT4が取引ツールとなる

では、「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」には、どのような違いがあるのかといえば、それは取引に使用するツールが異なります。

レバレッジ取引では、ビットポイントが開発したツールによって取引を行ない、ビットポイントFX取引ではMT4によって取引を行ないます。

MT4という取引ツールは、FX業界では世界中で利用されている代表的なツールであり、FXの経験がある人にとってはお馴染みの取引ツールです。

MT4を使うことによって、自動売買や過去のデータ分析、最良取引といった取引が可能となります。

この中でも特徴的なのは、自動売買です。

自動売買では、EAという自動売買プログラムによって取引を行ないます。

有料のEAもあれば、無料で提供されているEAもあり、ビットコインの取引に適したEAを見つけて自動売買に適用すれば、プログラムが自動でビットコインを売買し、資産を増やしていける可能性があるというわけです。

ビットポイントFX取引の取引相手は取引所である

「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」では、取引相手も異なります。

すなわち、レバレッジ取引ではビットポイントで取引している他のユーザーが取引相手となるのに対し、ビットポイントFX取引ではビットポイントと直接取引することになります。

あくまでも、取引所は取引の場を提供する存在ですから、本来はレバレッジ取引でのユーザー同士で取引をするのが基本です。

しかし、ビットポイントFX取引では取引所であるビットポイント自体が取引の相手先となるわけです。

なぜ敢えて取引相手が異なる2種類の取引があるのかと言えば、一方の取引が活発でないために、顧客が自由に取引できない事態を回避するためです。

とはいえ、仮想通貨の昨今の活況を見れば、取引が活発でなくなるという事態はあまり考えられません。

したがって、レバレッジ取引とビットポイントFX取引の違いは、取引ツールの違いであると認識していても良いでしょう。

ビットポイントで口座を開設しよう

多くの仮想通貨取引所では、口座開設にあたり、まずはメールアドレスを登録して口座を開設し、次に本人確認を行なうことで機能制限を解除し、入出金や取引ができるようになります。

これに対し、ビットポイントでは登録の段階を分けるのではなく、口座の開設と同時に本人確認を行ないます。

このため、口座開設を一気に済ませることができます。

では、ビットポイントの口座開設手順を確認していきましょう。

 

1.ビットポイントのホームページにアクセスする。

まず、ビットポイントのホームページにアクセスしましょう(URL→http://www.bitpoint.co.jp/)。

 

2.口座開設画面へ移動

ビットポイントのホームページにアクセスすると、ロゴが大きく表示されます。

画面を少し下にスクロールすると、「口座開設はこちら」というコーナーが見えますから、そこをクリックします。

 

3.個人情報の入力

ビットポイントでは、次に表示される1ページで全ての入力が完了します。

「ガイド・規約類への同意」を確認しながら、「はい」にチェックを入れていき、「お客様情報のご入力」のフォームに氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、金融機関情報などの情報を入力していきます。

ここで入力する住所は、後で提出する身分証明書と一致する必要があります。

入力したら、取引暗証番号の設定を行ない、勤務先、職業、年収、投資経験などを入力していきます。

融資の申し込みでもないのに、このような情報を求められることに戸惑いを覚える人もいるかもしれません。

源泉徴収票や給与明細の提出を求められるわけではありませんから、必ずしも正確な年収を選択せずとも口座開設は可能なのですが、正確でない年収を選択する必要もないため、正確なものを選んでおきましょう。

金融資産は、50万円から1億円以上までの選択となっています。

レバレッジ取引とビットポイントFX取引の口座を開設するためには、50万円の金融資産が必要となります。

これは、レバレッジ取引によって大きな損失を出してマイナスになったとき、ビットポイントに追証を入金してもらう必要があるため、入力を求められています。

投資経験も真面目に答えて構いません。

経験がゼロならば取引できない、などと言うことはありませんので。

最後に、レバレッジ取引口座とビットポイントFX取引口座を申し込むならばチェックを入れ、確認画面に進みます。

 

4.本人確認書類の提出

最後に、本人確認書類を提出します。運転免許証などの身分証明書を、画面上からアップロードします。

本人確認書類では、氏名、生年月日、住所などを確認するため、画像が不鮮明では口座を開設することはできません。

再提出を求められることになるため、鮮明な画像を提出することを心がけましょう。

まとめ

筆者の考えでは、ビットポイントを利用するメリットは、現物取引の手数料が無料であることと、外貨での保有が可能であることです。

現物取引で手数料がゼロということは、取引を頻繁に行っても手数料が一切かからないということです。

手数料は、それほど高いものではありませんが、売買を繰り返すうちに積もり積もって、馬鹿にできない金額になるものです。

短期投資をする人ならばなおさらです。

したがって、手数料が無料ということは、投資を有利に進めるうえで重要なポイントだと思います。

また、本稿で説明した通り、外貨をうまく取り入れて売買することによって、利回りを高めることに役立ちます。

以上のメリットに興味がある人は、ビットポイントでの口座開設がおすすめです。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

BITPoint

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

  • ビットコインキャッシュがハードフォークへ!

  • 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

  • ウォーレン・バフェットがビットコインはギャンブルだと発言

関連する記事はこちらです

  • 【完全保存版】国内の仮想通貨取引所の選び方

  • coincheck(コインチェック)の特徴と口座開設方法

  • coincheck(コインチェック)取引所の口座開設方法

  • クーコインでKuCoinShares (KCS)を購入すべき3つの理由

  • 仮想通貨は本当に安全?マウントゴックス事件に迫る

  • 【注目】日本の仮想通貨市場は急速に整備されつつある