1. TOP
  2. 国の動き
  3. 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

国の動き
この記事は約 7 分で読めます。

仮想通貨市場に大きな影響を与えて来た中国政府が、5月17日、仮想通貨に対する格付けを行ないました。

その格付けの結果を見てみると、ビットコインやリップルがかなり下にランク付けされているなど、驚きの結果となっています。

本稿では、中国政府が公表したランキングと、簡単な考察をお伝えしていきます。

中国政府が仮想通貨の格付けを発表

5月11日、中国で仮想通貨の格付けが行われると発表されて話題になりました。

これは、中国政府が仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトについての格付けを行うとしたもので、民間の機関の格付けではなく、国家による格付けとのことで注目を集めていたのです。

中国の狙いは、国家的な評価基準でのランク付けをすることによって、ブロックチェーン技術の効率的な発展を目指すとのことでした。

中国政府は、仮想通貨に厳しい規制を行っていますが、ブロックチェーン自体は技術的に有用であると認めています。

今回のランク付けの対象となる仮想通貨は、

 

  • プロジェクトが独立したブロックチェーンを持っていること
  • ノードを自由に生成できること
  • コードがオープンソースとして公開されていること
  • ブロックチェーンエクスプローラーが公開されており、ブロック情報を簡単に追跡できること
  • オープンなウェブサイトがあり、チームメンバーとコンタクトが可能であること

 

が条件となっています。

 

世界最大のレバレッジでBTC/JPY

  1. CryptoCM(クリプトシーエム)

    レバレッジ最大200倍で追証なしのハイスペック取引が可能
    BTC/JPYのレバレッジ取引ができる
    取扱通貨ペア12種類とアルトコインのレバレッジ取引も可能
    日本人による日本語サポートデスクを常設(9時~24時で土日祝日も対応)
    取引手数料はスプレッド方式で最低購入金額は0.01BTC

    口座開設の流れ 口座開設ページへ

 

実際の格付け一覧表

では、実際の格付けはどうなったかというと、以下の通りとなっています。

 

ランク プロジェクト名 技術性 応用性 革新性 点数
1 イーサリアム

Ethereum

80.3 23.7 25.4 129.4
2 スティーム

Steem

82.6 9.4 23.9 115.9
3 リスク

Lisk

64.4 20.9 19.5 104.8
4 ネオ

NEO

69.2 26.6 7.3 103.0
5 コモド

Komodo

60.3 12.8 28.5 101.5
6 ステラ

Stellar

70.8 18.1 11.8 100.7
7 カルダノ

Cardano

60.3 13.7 24.3 98.2
7 アイオータ

IOTA

65.9 14.9 17.4 98.2
9 モネロ

Monero

65.7 11.1 15.8 92.6
10 ストラティス

Stratis

60.2 19.3 12.2 91.7
11 クアンタム

Qtum

58.3 22.8 10.0 91.0
12 ビットシェアーズ

BitShares

71.6 12.3 7.0 90.8
13 ビットコイン

Bitcoin

39.4 13.1 35.6 88.1
13 ヴァージ

Verge

66.1 10.9 11.1 88.1
15 ウェーブス

Waves

58.2 12.3 16.0 86.5

 

なお、点数までは公開されていないものの、これに以下のコインが続き、28位まで公開されています。

 

16、イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)

17、リップル(Ripple)

18、ダッシュ(DASH)

19、シアコイン(Siacoin)

20、バイトコイン(Bytecoin)

21、ライトコイン(Litecoin)

22、アーク(ARK)

23、ジーキャッシュ(Zcash)

24、ナノ(Nano)

25、ビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)

26、ディークレッド(Decred)

27、エイチキャッシュ(Hcash)

28、ネム(NEM)

 

 

以上のようなランキングになっています。

驚くべきことは、時価総額とこのランクにほとんど相関性がないことです。

時価総額第1位のビットコインは13位に過ぎず、後発のアルトコインに大きく差をつけられています。

ビットコインから生まれたビットコイン・キャッシュは、ビットコインの神と言われるロジャー・バー氏にさえ、

 

ビットコイン・キャッシュは、ナカモトサトシの理念に最も近い仮想通貨だ

 

とさえ言わしめた仮想通貨ですが、中国政府はそうは見ていないようで、25位にランキングされています。

このほかにも、将来性を強く期待されているリップルが17位であること、ビットコインを金とするならばライトコインは銀だと言われるライトコインが21位であること、度々話題になりながらも期待を背負っているネムが28位に過ぎないことなど、日本で有名な仮想通貨は散々な結果になったと言えます。

それでも、イーサリアムだけは期待を裏切ることがありませんでした。

イーサリアムは技術的に素晴らしいものがあり、ビットコインよりも優れており、早晩時価総額でも1位になるだろうなどと言われることもあります。

そのイーサリアムは、中国政府からも技術性・応用性・革新性を高く認識されており、堂々の1位にランクインしています。

確かに、今回の格付けでは技術性、応用性、革新性を基準に格付けされているため、ビットコインのランクが落ちてしまうのも仕方のないことでしょう。

ビットコインへの評価は、この格付けを待たずとも、「すでにビットコインは後れを取り過ぎている」というような評価が散見されていました。

それが、今回の格付けである程度決定的になった印象があります。

ランキング上位には、比較的新しい仮想通貨もランクインしていることから、仮想通貨業界は、技術的に優れているならば、ある程度は時価総額に関係なく評価される世界だと言えます。

今後どうなっていくか分かりませんが、今のランクが1年後には大きく変わっているということも十分にあり得ます。

 

 

まとめ

中国政府の発表した今回のランク付けをどの程度まで信頼するかを判断するのは難しいですが、仮想通貨市場にいつも大きな影響を与える中国政府の発表ですから、決して無視できるものではないでしょう。

日本人にとってなじみの深い仮想通貨の多くが、今回のランク付けでは技術的に劣っていると評価をされたわけですが、その事実を正面から受け止め、今後の投資判断に活かしていくことが重要でしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中国で仮想通貨が格付けされる!まさかの結末に話題騒然

  • ビットコインキャッシュがハードフォークへ!

  • 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

  • ウォーレン・バフェットがビットコインはギャンブルだと発言

関連する記事はこちらです

  • 中国のICO禁止令、仮想通貨の取引停止で市場はどうなる?

  • 中国ショックの再来か!韓国政府の禁止措置に備えよう!

  • 仮想通貨の規制団体が設立!設立時の質疑応答まとめ

  • ネパールで仮想通貨事業が禁止される

  • 北朝鮮のミサイル発射や核実験で資産はどう動いたか?

  • 仮想通貨関連の法律「改正資金決済法」とは?