1. TOP
  2. アルトコイン
  3. イーサリアム(ETH)
  4. 2018年はイーサリアムに注目!3倍説でビットコインを抜く?

2018年はイーサリアムに注目!3倍説でビットコインを抜く?

イーサリアム(ETH) 仮想通貨とは
この記事は約 4 分で読めます。

2018年に入ってからイーサリアムの価格が急伸し、注目を浴びています。

開発者の意見をみても、2018年でイーサリアムは更なる上昇を見せると考えられています。

本稿では、2018年のイーサリアムへの期待はどのような内容であるかを説明しておきたいと思います。

イーサリアム時価総額第2位の座へ返り咲き

2017年を通して約1000円から約9万円と躍進したイーサリアムは、2018年に入ってから更なる上昇をみせています。

1月4日にはイーサリアム史上初の10万円を突破し、さらに13日には16万円を突破、1月15日現在は15万円前後で推移しています。

年始にリップルが大幅上昇した際には、時価総額第2位の座を明け渡したイーサリアムですが、その後リップルは失速、イーサリアムが加速したことによって、再びイーサリアムが時価総額第2位に返り咲いています。

仮想通貨セミナーランキング

  1. 一番わかりやすかったセミナー、加藤将太
    仮想通貨セミナー

    脱サラ1年目で1億円企業を作った起業の天才、加藤将太。
    実は仮想通貨も仕込んでいて、資産6億円だとか…
    その加藤将太が、億り人になる秘訣、仮想通貨で稼ぐコツを惜しみなく公開。
    仮想通貨の技術、仕組みから投資対象を考える手法は必見です!

    無料視聴ページへ

イーサリアムの価格上昇には、2018年を通してのイーサリアムへの期待、そしてBithumb、Coinone、Korbitなどの韓国の取引所の牽引があります。

韓国の仮想通貨市場は外国人の参入ができない構造になっていることから、韓国と海外との間で仮想通貨価格の乖離が起こっています。

これら韓国の取引所におけるイーサリアム価格は世界平均よりも30%高い価格で取引されている状況です。

イーサリアムは、1月19日に予定されているイーサリアムゼロのハードフォーク期待で上昇している点もあろうかと思いますが、単純にイーサリアムの取引量が増えたことによって価格が上昇している面も否めないでしょう。

イーサリアムでの送金は、現在1日で120万件を超えており、イーサリアムの開発も活発化し、取引が増えたことによって、投資環境はより良好なものになっています。

新規キャンペーン中、いま一番お得な取引所

  1. DMM Bitcoin

    ◆手数料最安値水準!
    ◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
     現物取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┗イーサリアム(ETH)
     レバレッジ取引
      ┣ビットコイン(BTC)
      ┣イーサリアム(ETH)
      ┣ネム(XEM)
      ┣リップル(XRP)
      ┣ライトコイン(LTC)
      ┣イーサクラシック(ETC)
      ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
    ◆日本円入出金手数料が無料!
    ◆豊富な注文方法を搭載!
     ┗ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文等。
    ◆iOS、Androidに対応したネイティブアプリでスマートフォンでも本格取引が可能!
    ◆種類も機能も豊富なチャート!
     ┗テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。
    ◆レバレッジ取引可能!(5倍)

    公式サイトへ

2018年イーサリアムは3倍になる

このほかに考えられる価格上昇の理由は、有名IT企業がイーサリアムブロックチェーンを使ったサービスを提供していることなどから、これらの期待値が高いことです。

イーサリアムブロックチェーン上で進められるプロジェクトの数は、2017年のデータをみると、指数関数的に増加しています。

現時点で数十億円規模のビジネスに成長しており、今後ますます多くの企業がイーサリアムを利用すると予測されます。

イーサリアムの共同開発者であるSteven Nerayoff氏の発言によると、イーサリアムを用いたビジネスの規模は2018年を通して10倍に増えるとしています。

また、その影響によってイーサリアムの価格は今の3倍に成長し、ビットコイン価格を抜くとも言っています。

ビットコインは、ゴールドのような資産価値を持つことや決済手段に使えることで注目されているのに対し、イーサリアムはスマートコントラクトで注目されています。

このスマートコントラクトがフィンテック分野の企業に幅広く活用されるようになってきているというわけです。

また、ビットコインは決済手段としての活用の道が確立されておらず、投資というよりも投機の側面も多分にある仮想通貨と言えます。

しかしイーサリアムは、フィンテック分野での活用が急速に拡大しており、その他の多くの分野でも利用可能なものであるため、投資価値は大きいという意見は多いです。

まとめ

イーサリアムが、フィンテック分野に活用されていく可能性は、2017年のかなり早い段階から示唆されていたことです。

まだまだ世間が注目していない頃から、仮想通貨の解説書などを読んでみると、イーサリアムの実用性に注目している意見が多く見受けられました。

今後も、おそらくイーサリアムの活用が拡大していくものと思われます。

そうなれば、自然とイーサリアム価格は上昇していくことでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
この人、ちょっと注目してます…
世界一わかりやすい、ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

仮想通貨で資産6億円

元・大手中学受験塾講師のMBAホルダーによる仮想通貨セミナー

全8編、合計660分

仮想通貨セミナー
ブログを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

ZaifX

ZaifX

Zaif取引所を主戦場としている仮想通貨マニア。仮想通貨界隈の情報を精査するのが大好き!気になったら寝る間を惜しんで調べてしまい、睡眠不足で寿命が気になるアラフォー世代。zaifトークン0.1円購入組にもかかわらず、ビックウェーブでの利確に失敗し、テンバガーを達成できなかった欲深トレーダーでもある。趣味はスキューバダイビング、座右の銘は「人生やったもん勝ち」

この人が書いた記事  記事一覧

  • iXledger(IXT)とは?特徴と将来性を総まとめ

  • 仮想通貨VeChain(VEN)とは?~模倣品撲滅の本命コイン~

  • Nano Wallet(ナノウォレット)の作成方法とNEM(ネム)送金手順

  • Binance上場で注目!VIBE(バイブ)とは?

関連する記事はこちらです

  • 仕組みを知れば安心なのに日本では悪いイメージが先行している

  • マイイーサウォレット(MEW)の作成方法と送金手順を解説

  • 歴史は確実にデジタル化!仮想通貨は一般に普及するのか?

  • 【第3段階】イーサリアムのハードフォーク、メトロポリスとは?

  • 物々交換→通貨→暗号通貨、道のりを知れば、そのすごさがわかる

  • 【気になる】仮想通貨の誕生によって世の中はどう変化するか?