1. TOP
  2. 仮想通貨投資
  3. 世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

世界でイチバン仮想通貨を保有しているのは日本人って本当?

仮想通貨投資 ニュース
この記事は約 5 分で読めます。

仮想通貨の普及を調べるための調査はしばしば行われていますが、今回行われたダリアリサーチの調査によると、日本が仮想通貨所有率で世界一になったようです。

本稿では、日本の所有率が高い理由について解説していきます。

仮想通貨所有率世界一は日本だ!

5月9日、世界的なリサーチ会社であるダリアリサーチの調査結果が発表され、日本が世界一の仮想通貨大国であることが判明しました。

ダリアリサーチは、アメリカ、イギリス、ドイツ、インド、ブラジル、中国、日本、韓国の計八か国に対して、仮想通貨の所有率、認知度、理解度、購入意欲などを調査しました。

なお、このリサーチでは、各国の国民2万9000人に対して行われており、その結果、全体の平均では、

 

所有率・・・7%

認知度・・・75%

理解度・・・50%

購入意欲の有無・・・4%

 

という結果となっています。

その中で日本は、

 

所有率・・・11%

認知度・・・83%

理解度・・・60%

購入意欲の有無・・・3%

 

となっており、購入意欲以外では平均以上となっています。

また、所有率の11%は、この8か国の中で日本が世界一となりました。

筆者にとっては、所有率11%というのは、ちょっと意外な結果に思えました。

筆者は仮想通貨を保有していますが、筆者の周りの数十人の知人で考えてみると、仮想通貨を持っている人はいないからです。

もっと普及率は低いと思っていたのですが、こっそり持っている人が意外に多いのかもしれません。

こっそり持っている人が多いとすれば、それはおそらく「投機的要素が強い仮想通貨に手を出していると思われたくない」などの後ろめたさもあるのでしょうから、それはそれで問題があると思えますが。

日本が所有率で世界一になった理由には、以下のようなことが考えられます。

 

投資金を作る!方法ランキング

  1. スマホブックメーカー投資

    専門知識は一切不要!知識ゼロから誰でも始められる!
    スマホでスポーツ観戦しているだけで1日に10万円以上稼ぐことができる、
    そんな副業に興味はありませんか?
    株やFXとはまったく違う投資法、ゲーム感覚で稼げる新しい投資副業

    詳細を確認してみる ブックメーカーのページへ

 

仮想通貨の整備が進んでいる

今回の調査で、日本の所有率は世界一であることがわかりました。

この背景には、日本における規制状況が挙げられるでしょう。

日本では、仮想通貨取引所に対する金融庁の締め付けも厳しく、かなり安全性の高く、しっかりしている取引所しか生き残れなくなりつつあります。

つまり、日本の人々は、珍しいアルトコインなどの取引を望まない限り、安全性の高い取引所で取引を行なうことができるということです。

また、仮想通貨を正式に通貨として認めるなど、法的な整備も進んでいますから、これも仮想通貨の所有率が高い理由の一つとなっているでしょう。

その証拠の一つとして、仮想通貨に対してネガティブな規制が強く布かれている中国では、今回の調査対象となった国の中でも、最も保有率が低くなっています。

国が仮想通貨の流通経路の整備を行わず、法的にはネガティブな整備が進んでいますから、仮想通貨の普及が遅れるのは当然のことです。

 

今注目のICO案件

  1. ASOBICOIN(アソビコイン/ABX)

    当サイトから新規登録することで、通常ボーナスに加え5%のボーナスが加算されますので、アソビコインをご検討の方はこちらからご登録ください。
    購入を検討されている方は、詳細記事を一読しASOBICOINの特徴や将来性をしっかりと理解したうえで、プレセールに参加されることをオススメします。

    アソビコイン詳細記事 プレセール参加登録へ

 

教育水準が高い

国民の教育水準は、最新技術の普及スピードに顕著な影響力があります。

今回の件を報じた記事の中には、日本の教育水準は高いため、これが仮想通貨の普及率に良い影響を与えたとするものもあります。

実際、OECD学習到達度調査などを見てみても、2015年度、日本は科学応用力で第2位、読解力で第8位、数学応用力では第5位といった高い結果を残しています。

したがって、教育水準と仮想通貨普及率には、何らかの相関性があると言えそうです。

もっとも、日本は教育水準でも世界一というわけではなく、日本以上に学力が高い国もあります。

その国が、日本以上の仮想通貨普及率を誇っているわけではありませんから、やはり仮想通貨普及率には規制状況や法的整備が最も大きな影響を与えているように思います。

 

 

まとめ

仮想通貨の普及率を示す調査というものは、仮想通貨がどれくらい浸透しているのか、順調に広まってきているのか、今後も順調に広まっていきそうかなど、需要の様子を知るための重要なヒントとなります。

今回、日本が非常に高い所有率をたたき出し、世界一となったわけですが、それでもまだ11%です。

他の主要国はこれ以下であり、世界的な所有率は7%に過ぎません。

ということは残る93%の人が仮想通貨を所有するようになっていけば、仮想通貨価格はもっと伸びて行くとも推測ができます。

仮想通貨の下落が続く最近の状況の中で、今回のニュースは心楽しいものであったと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨(暗号通貨)を始めるなら仮想通貨JAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
今注目のASOBICOIN(アソビコイン)プレセール情報
ASOBICOINのプレセール、事前登録が始まっています。

購入検討されている方はチャンスを逃さないためにも、今すぐの登録をお勧めします。

https://tokensale.asobimo.io/


プレセール事前登録

ライター紹介 ライター一覧

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨JAPAN編集部

仮想通貨(暗号通貨)について、わかりやすく、ためになる記事を日々書いています。ご覧いただいているユーザー全員が、仮想通貨でプラスになれるよう、有益な記事を提供いたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 最近話題の「ビットコインETF」。市場への影響は?

  • レバレッジ上限が4倍へ?日本仮想通貨交換業協会の発表

  • 【ICO案件】OPIRIA(PDATA TOKEN)とは?特徴、将来性から購入方法まで

  • G20閉幕。規制案は再び延長へ

関連する記事はこちらです

  • 日本の大手取引所ビットフライヤー(bitflyer)がアメリカ進出へ!

  • SBIホールディングスがSコインを発表

  • 仮想通貨投資への直接投資だけでなく企業への関節投資も考えよ

  • 金融庁が仮想通貨交換業者6社に業務改善命令。その詳細とは

  • ビットコインに投資して儲かる?注意点やポイントを教えて

  • 仮想通貨の格付けが発表。日本でおなじみの仮想通貨の格付けは?